アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
眉メイク 垢抜け眉 眉の描き方 OKメイク NGメイク

ダサ見え眉VS今っぽ眉の分かれ道はココ!垢抜け眉を作るポイント4選

美容ライターの遠藤幸子です。顔の印象を大きく変えることもある「眉」。ちょっとの差でダサく見えたり今っぽく見えたりするだけに、形を整えるのが難しく悩んでいる人が多いのではないでしょうか。今回は、ダサく見える眉と今っぽ眉の分かれ道にスポットを当て、今っぽ眉を描くためのポイントをご紹介します。

目次

眉は全部描くのではなく、足りない箇所を補う

眉頭から眉尻までしっかりとペンシルで描こうとすると、つい濃く描きすぎてしまったりして抜け感がないダサ見え眉になってしまうことがあります。

そうならないためには眉は全部を描こうとするのではなく、足りない部分を補うイメージで毛流れに沿って描き足すのが正解です。

また眉に立体感を出すためには、眉頭から眉尻に向かって少しずつ濃くなるように描くのがポイント。

特に眉頭は描いたのがわからないくらいにぼかすことで自然な印象の眉に仕上げることができます。そのため最後にスクリューブラシで毛流れを整えつつ眉頭を重点的にぼかしましょう。

つい眉を濃く描きすぎてしまうという人は、パウダーや薄付きのペンシルを使うのがおすすめです。いずれにしても鏡をよく見て少しずつ描いていきましょう。

眉山を作り、自然にフェードアウトする

トレンドの平行眉に仕上げようと意識するあまり、眉頭から眉尻付近まで同じ太さで仕上げようとする人がいます。しかし、これはダサく見えるNG眉です。

眉を描く時には眉山を作り、そこから自然にフェードアウトしていくイメージで描くのがおすすめです。

また、平行眉を描く際は顔のカーブを意識して描くことで自然な印象に見せることができます。目に対して垂直に描くのではなく、眉山の少し手前でわずか上へ引き上げるようなイメージで描くと今っぽ眉に仕上がります。

眉に自然な太さを出す

数年前の眉を引きずっている人に多いのが細眉です。細すぎる眉はトレンドから大きく外れて古臭く見え、結果ダサく見えてしまうNG眉です。

とはいえ、細眉ブームの時に眉を整えすぎてしまった人はなかなか太さを出すのが難しくなります。

上から眉を描き始めるとどんどん眉が上へと上がってしまいます。そして、それを調整しようとすると細眉になってしまいがちです。そのため眉は下から描き始めましょう。

そして、少しずつ太さを出していき自分にしっくりくる自然な太さを見極めることで今っぽ眉に仕上げることができます。

全体のトーンを揃える

足りない部分を補うように眉を描いた時、自眉と描いた部分の色が異なると描いた部分が悪目立ちすることがあります。そうなると一気にダサい眉に見えてしまいます。

そのため眉全体である程度トーンを揃える必要があります。

まずは濃く描きすぎてしまった部分をスクリューブラシで丁寧にぼかしてなじませましょう。

それから仕上げに眉マスカラやパウダーを重ねて全体のトーンを揃えると垢抜けた今っぽ眉に仕上がります。

いかがでしたでしょうか。今回は、ダサく見える眉と今っぽ眉の分かれ道にスポットを当て、今っぽ眉を描くためのポイントをご紹介しました。

ぜひ参考にしていただき、自分に似合う今っぽ眉を手に入れてください。

「#眉メイク」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

遠藤幸子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録