アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
眉メイク 垢抜け眉 眉の描き方 OKメイク NGメイク

垢抜けの正解は「ふんわり太めアーチ眉」♡垢抜けとダサ見えの別れ道教えます!

コスメコンシェルジュ、美容ライターの斎藤明子です。今の眉トレンドはふんわりとした少し太めのアーチ眉。でも、同じふんわり眉でも、垢抜けて見える眉と、残念ながらダサ見えしてしまう眉があります。そこで今回は、眉がダサ見えしてしまう理由と、改善方法をご提案します。

目次

今のトレンド眉毛とは?

皆さんご存知の通り、ここ数年は太めのナチュラル眉毛が人気眉の主流となっていますが、最近はマスク着用の影響もあってかナチュラルなふんわり眉毛でありながらも、きちんと感もあるアーチ眉へとシフトする人が増えているようです。

長さも少し長めが人気のようです。

そんな垢抜け眉毛を目指すあまり、ついやってしまいがちな落とし穴があります。

失敗例と解決策は以下の通りです。

やってしまいがち!眉メイクの失敗ポイント1:貼りつき眉毛

上の画像がOK眉、下の画像がNG眉です。

ナチュラル眉を目指して眉メイクをしているうちに、だんだんと太く濃くなりすぎてしまうというのはよくやりがちな失敗です!特に小さな鏡で眉だけを見てメイクすると、どんどん濃くなってしまいます。

NG眉は、ここで見ると極端に濃く太いように見えますが、実は意外とここまで濃くしてしまっている方も少なくないので、ぜひ注意してくださいね。

解決策

はじめに、眉毛のフレームを決めておくと、太くなりすぎることを簡単に防ぐことができます。

特に、毛が生えていない部分に色をプラスする時は、アウトラインを描いてバランスを見てから、1本1本加えていくようなイメージで色をプラスしていくといいでしょう。

やってしまいがち!眉メイクの失敗ポイント2:毛流の揃っていない眉毛

ナチュラル眉を目指すことと手を加えないことを混同してしまうと、残念ながらただのダサ見え眉になってしまいます。

画像の眉毛は、毛流が整っていないことで印象がぼさっと見えてしまう眉の代表例です。

解決策

眉の毛足が長いと、不揃いに見えてしまいがちです。長すぎると感じる時は、スクリューブラシで毛の流れる方向に眉毛を押さえて、毛足を少しカットしましょう。

また眉メイクのプロセスで、スクリューブラシで毛流を整えることもプラスしてみて!眉マスカラも毛流を整えるのに効果的です。

眉毛は、眉頭は下から上に、そして眉の真ん中から眉尻に向かって流れて生えています。毛流に逆らってメイクをすると、ただのぼさぼさに見えてしまうので注意しましょう。

マスク着用が当たり前の今、眉毛メイクの失敗は顔全体のダサ見え印象につながってしまいがちです。ナチュラルさときちんと感のバランスをとるように注意してきれいな印象をキープしましょう!

「#眉メイク」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

斎藤明子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録