アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

衣替えは断捨離のチャンス!短時間で終わる仕組みを作ろう!

そろそろ暖かくなってきて、クローゼットのワードローブには色とりどりの春服が戻り始めている頃でしょうか。衣替え、する派?しない派?いろいろと意見がわかれるところではありますが、私は断然衣替えする派!でも短時間で終わらせたいと思っています。そんな私の衣替えは必要だと思う理由と短時間で終わる収納をご紹介したいと思います。

目次

衣替えをするメリットってなんだろう?

季節ごとに衣替えなんて面倒だと思っている方も多いかとおもいます。確かに、自分のものだけならいざ知らず、家族全員分だと時間もかかって大変ですよね。
たしかに、必要な服を出して着ているうちに季節は巡っているし、わざわざ衣替えなんてしなくても…なんて意見も一理あります。
ただその方法だと、タンスの肥やしが増えていませんか?服を買って帰ってきたら、同じような服を既に持ってた!なんてことは?

そう、衣替えはそんなスペースとお金の無駄を減らしてくれるんです!

私が衣替えを必要だと思う理由は3つ!

・手持ちの服を再確認して、似た服を買うことが無くなる。
・今年も着たいと思える服か考える時間を持つことで、不要な服のスペースを空けて新しい服を受け入れられる。
・新しい季節を楽しめる!

もう着たいと思えない服はその役目を終えたのだと気分を切り替えて、新しい服を迎えるスペースができると思うと季節ごとのおしゃれがさらに楽しくなりませんか?

朝から毛玉いっぱいのニットやくたびれたシャツを手に取るより、いつでも準備OKな服の中から選べるようになるとその日1日楽しく始められますよ。

所要時間は5分!サッと入れ替えられる収納はいかが?

私の衣替えに係る時間はたった5分です。前後を入れ替えて、今年の気分じゃない服を省くだけ。

奥行が深いクローゼットになっている我が家では、奥行74cmのフィッツケースを前後に使っています。
奥側の無印良品の不織布仕切ケース入れている服をガバッと取り出して、ハンガーにかけていた服や手前の服と交換します。
靴下やレギンスなども長さごとに分けてケースに入れ前後で使い分けているので、ケースごと入れ替えれば完了です。

そして手前に移した服をサッと見渡して、「今年はコレもう着たいと思わえないなぁ」と思う服を間引いていきます。
1つにかける時間は最大5秒!迷う服はとりあえず間引く方に入れてしまいます。
最後に、残った今年も着たいと思える服をハンガーにかければ完了です。

前後の入れ替えでなくても、袖の長さや季節でケースや引出しごとに分けてすぐ取り出せる状態にしておけば、衣替えは入れ替えだけになり簡単です。
ワードローブにはオンシーズンの服だけを並べられるようになると、朝の服選びが楽になりますよ。

間引いた服をどうするか?

さてでは、ときめきが薄れてしまって今年は着たいと思えなくなった服はどうしましょう?
決断が早い人ならそのまま処分してしまえますが、「これまた着るかも…」とすぐには捨てられない服もありますよね。

そんな服はそのシーズン中は一番取り出しにくい引出しに入れておくのはいかがでしょうか。着たくなったらすぐに取り出せます。
私は一番下の引出しの奥のスペースにまとめておいて、着たくなって取りだしたら次はハンガーにかけています。
取り出すことなく1シーズン(または1年)過ぎたら、心も自然と離れているので捨てる決断ができるようになっています。

いかがですか?
こんな風に衣替えを繰り返しているうちに、お気に入りだけが詰まったクローゼットの出来上がり!
季節をめいいっぱい楽しむために、ちょっと早めの衣替えがおすすめです。


【あなたにおすすめの記事】
■人気スタイリスト大草直子さんに学ぶ毎朝3分で服を選ぶコツ
■コレさえ変えれば一気にキレイ!クローゼットのお片づけポイント
■クローゼット収納はこの場所に作るのがおすすめ!
■安く簡単にできる衣類の引出し収納のアイディア♪仕切り技3選
■靴や鞄のお手入れしてますか?物のお手入れの先に繫がるもの


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

ichigo

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録