ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

おうちイタリアン初心者さんでも簡単に作れちゃう♡「サルティンボッカ」レシピ2選

フードコーディネーター・スパイス香辛料アドバイザーの笠原知子です。仔牛などの肉に、セージ(ハーブ)と生ハムを重ねて焼いたイタリアローマの代表的料理「サルティンボッカ」。今回は生姜焼き用の豚ロース肉を使って手軽に作るサルティンボッカと、セージの代わりにしそとチーズで作るレシピの2つをご紹介します。

目次

このレシピを試すのにかかる時間

  • 各10~15分

イタリアローマの代表的料理「サルティンボッカ」

仔牛などの肉に、セージ(ハーブ)と生ハムを重ねて焼いたイタリアローマの代表的料理「サルティンボッカ」。

サルティンボッカは、イタリア語で「口に飛び込む」という意味で、短時間で作れるからすぐ食べられる、というのが語源なのだそうです。手軽に作れるイタリアンなら、ぜひ作ってみたいですよね。

生ハムの塩気と風味でおいしくできるので、味付けはシンプル。またソーセージでおなじみの「セージ」という肉によく合うハーブを使うので、とても風味よく仕上がります。

セージがない場合は、バジルやしそなどでも。

セージのグリーンで見た目もよく、ワインと共にテーブルにのせれば、ちょっとお洒落なディナーになります。

もともとは仔牛の肉で作る料理ですが、豚肉や鶏肉でも作られるそう。

生姜焼きの豚ロース肉で作るサルティンボッカ

材料(1~2人分)

生姜焼き用豚ロース肉 3枚
生ハム 6枚(小)
セージ 6枚
白ワイン 大さじ2
オリーブオイル 大さじ1/2
バター 10g
小麦粉 適量
塩・こしょう 適量
付け合わせの野菜 適量

※肉や生ハムの大きさによって分量を加減してください。

作り方

① 豚肉は半分に切る。生ハム、セージの順にのせて楊枝で止める。(生ハムの塩気があるので、塩はしなくてもいいと思いますが、肉に下味をつける場合は、ごく薄くするようにします。)

② 肉の面に小麦粉を薄くつける。

③ フライパンにオリーブオイルとバターを入れて火にかけ、生ハムの面を下にして入れる。軽く焼き色がついたらひっくり返して裏面を焼く。

④ 白ワインを入れて、時々ゆすりながら焼き、付け合わせの野菜と一緒に盛り付け、フライパンに残ったソースをかける。

しそとチーズのサルティンボッカ風

こちらはしそを使い、スライスチーズでボリュームアップ!

生ハムとチーズの塩気と風味で味付けはほとんど必要ないので、重ねて粉をつけたら焼くだけのこちらも簡単レシピです。

材料(2人分)

生姜焼き用豚ロース肉 4枚
生ハム 4枚 
しそ 4枚
スライスチーズ 2枚
白ワイン 大さじ2
オリーブオイル 大さじ1/2
バター 10g
小麦粉 適量
塩・こしょう 適量
付け合わせの野菜 適量

※肉や生ハムの大きさによって分量を加減してください。

作り方

① 豚肉に半分に切ったスライスチーズを1枚のせ、半分に切ったしそ2枚、生ハムの順にのせる。

② 両面に小麦粉を薄くつける。

③ フライパンにオリーブオイルとバターを入れて火にかけ、生ハムの面を下にして入れる。軽く焼き色がついたらひっくり返して裏面を焼く。

④ 白ワインを入れて、時々ゆすりながら焼き、付け合わせの野菜と一緒に盛り付け、フライパンに残ったソースをかける。

すぐ出来ちゃうイタリア料理サルティンボッカ。

自由に旅行することができない今、家で少しだけ旅行気分。ワインと一緒に、手軽なイタリアンを味わってくださいね。

「#おうちイタリアン」の記事をもっと見る


/

この記事の著者

笠原知子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録