メイクのプロでも難しい!?『透明感』をつくる4つのポイント

『透明感のある肌ってどうやって作ればいいんですか?』メイクのお仕事をさせて頂いている中で、1番多いご質問が『透明感の作り方』です。丁寧にファンデーションをつけていても、なかなか難しいもの。今回はプロがやっている『透明感』の作り方をお伝えします。

難しい透明感メイクのポイント①基本はスキンケア。『もっちりサイン』を見逃さない

メイク前のスキンケア、なんとなく終えてませんか?

透明感のある肌をつくるために、スキンケアが重要なのは多くの雑誌やメディア取り上げられていますが、そのスキンケア完成の判断基準って意外と分かりづらいものですよね。

化粧水、美容液などどこまでつければ肌が最高の状態になるのか。
実はそこに明確なサインがあるのです。

スキンケア中に、手のひら全体で肌に触れた時にもっちりと指に吸い付くような感触が表れます。
それが肌の細胞ひとつひとつまで潤ったサインです。

肌のコンディションは季節や体調によって毎日変化します。

習慣で化粧水、乳液などを一定量つけるのではなく、
この『もっちりサイン』が表れるまで、その日の肌に必要な量のスキンケアをつけていくことが透明感を叶えるためにとても大切です。

難しい透明感メイクのポイント②決め手は割合。ファンデーションの使い分け

BBクリーム、パウダー、リキッド、クリーム、クッションファンデ、フェイスパウダーなど、様々なタイプのファンデーションがあります。
その中でも、とことん透明感出すためのオススメは、意外かもしれませんが定番の『リキッド』と『フェイスパウダー』の組み合わせです。
撮影時のメイクなど、プロは必ずリキッドファンデーションを使用します。

ただ、リキッドとフェイスパウダーを使用する割合がとてもポイントになってきます。
なんと、その割合は

リキッド97%:パウダー3%

驚きのリキッド率です。

リキッドでしっかりみずみずしい肌をつくり、パウダーは本当に薄く重ねていきます。

『パウダーはなくてもいいのでは?』

そう思うほどの使用率ですが、その3%のパウダーが崩れにくく本当に美しい美肌を演出してくれます。

難しい透明感メイクのポイント③イメージはミルフィーユ肌。『薄く重ねる』ことが重要

そしてもう1つ。透明感を出すためにプロが意識していることは、『薄く重ねる』こと。

スキンケア、下地、リキッド、(場合によってはコンシーラー)、フェイスパウダー。

これら全てをひとつひとつ、薄く重ねていきます。
『ミルフィーユ』をイメージしてみてください。

薄い層を重ねていくことで、肌になめらかさが生まれ、艶のある透明感が出てきます。

難しい透明感メイクのポイント④さらにハイライトで『透明感』を完成させる

仕上げはaiko流メイクおなじみの『ハイライト』。

ハイライトは光をのせていくアイテムなので、仕上げに使うことで一気に透明感が際立ちます。

難しいイメージがあるので、ハイライトを使わない方も多いですがハイライトは本当にオススメです。

過去にハイライトの詳しい使い方をご紹介していますので、よろしければこちらもご覧ください。

難しい透明感メイクのポイントのまとめ

数年前から『透明感』というキーワードがメイク業界のトレンドとなり、よく使われていますが、実はプロでも透明感を出すというのはなかなか難しい技です。

今回ご紹介したこの4つのポイントをしっかりおさえることで、より完成度の高い透明感が生まれてくると思います。
プロの透明感テクニック、是非試してみてください。


【あなたにおすすめの記事】
■プロが教える!保湿ファンデの塗り方とおすすめ優秀ファンデ
■下地で作るツヤ肌!保湿力もコスパも優秀なおすすめコスメ
■【憧れの陶器肌】デパコスのクッションファンデってどうなの?
■スウィーツスウィーツのコスメで❤春の「デートメイク」
■ちょっとした工夫でこんなに変わる♡メイク崩れを防ぐ方法


更新日:2018年10月23日 / 公開日:2018年3月21日

この記事の著者

ログイン・無料会員登録