アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

キッチンを変える!「時短調理」を叶える整理収納術3選

仕事に家事。忙しい毎日でも、欠かせないのが食事。そのための調理・・・ですよね。ごはんづくりは好きですか? 今日は、時間がない主婦に送る 「時短調理」を叶える整理収納術・3選です。 時短料理の「しくみ」を作って、家事の時短を叶えてみませんか?

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

① 時短キッチンには、「グルーピング収納」が基本

家事の時短を叶えたいなら、まずは、環境を整えること。整理収納は時間の投資につながります。
中でも、「グルーピング収納」がオススメ!
グルーピング収納とは、一緒に使うモノをカゴやボックスにまとめて収納するというワザ。ひとまとめにすることで、調理作業がすぐに開始できるので、時短を叶えるキッチンには必需品です。

例えば、朝食セット。
ヨーグルトや乳酸菌飲料などをまとめたパン食用のサイドメニューと、納豆やお漬物などをまとめたごはん食用のサイドなど、ライフスタイルに合わせて用意してみてください。

他にも、食パンのトーストを食べるなら、チーズ・ハム・レタスやプチトマトなどをひとまとめにしておくと、調理するときにボックスごと移動させて完了できるので便利です。
また、ごはん食派の一人暮らしの方には、みそ汁セットもオススメ。味噌・乾燥わかめ・カットしたネギ・粉末だしをひとまとめにしておくと、材料をお椀に入れてお湯を注ぐだけで1椀分のみそ汁が完成!時短で便利ですよ。

② 冷凍保存の野菜は、「ラベリング」で管理

夕ご飯作りの時短に欠かせないのが、下準備した食材や作り置き(常備菜)。
中でも、下準備食材は 調理をしながら確保できるのでオススメです。

人参・玉ねぎ・ネギ・キャベツ・きのこ等の野菜類は、多めにカットしたときにそのまま、専用のジップバッグへ入れて冷凍室へ。
ほうれん草や油揚げも、まとめて湯がいて、カットして残った分を同様に、ジップバッグなどの袋に入れて冷凍室へ。

野菜は、ストックも含めて一度に使いきるようにすると、調理の手間が防げます。
ジップバッグには、中身の名前を書いたダブルクリップを ラベリング代わりに挟んでおくと、袋が嵩張らない上、中身が一目瞭然です。

③ 献立の整理で、「レシピに悩む時間」をカット!

最後は、調理前の、あるいは、買い物中の「今日の晩御飯、何作ろう?」の時間を時短するワザです。
この方法では、あらかじめ、1週間のレシピを 給食のように決めておきます。

1週間を意識して献立をつくると、使い残し野菜も削減でき、家計のムダも省けますね。
野菜を使いきることで、買い物の回数を減らすことが可能です。
また、カレンダーや手帳に 献立を書き込んでおけば、食材の買い出しもスムーズですみますよ。

ちょっとの工夫が、時短調理を叶えるので、ぜひ、できるところからやってみてくださいね。


【あなたにおすすめの記事】
■キッチン収納は起点に注目!調理時間を時短しよう!
■無印良品の鉄板アイテムで作る収納超絶技巧・キッチン編
■効率よく動ける!リバウンドしない!キッチン収納アイデア
■「動かない!」キッチン収納の仕組み
■時短につながる!毎日使う調味料の置き場所と見せ方の工夫


執筆者:今井知加



24

michillライターさんの励みになります

トップへ戻る

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録