アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

4月1日はイースター!!おうちで楽しむ春のイースターテーブル

最近はクリスマス・ハロウィンに続いてイースターも浸透してきていますね。この季節、あちらこちらで可愛いイースターのお菓子を見かけます。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

イースターって何?

日本でも近頃はイースターが浸透してきたように思います。デパ地下のスイーツ売り場にはカラフルなイースターのお菓子やクッキーには可愛いイースターのアイシングされていたりと。でもイースターって何っ?て。

世界にはいろんな祭事があってその時にはこれを食べてお祝いする習わしがあります。日本でも日本ならではの風習がいくつかあります。

イースターはキリスト教の大切なイベントで復活祭です。フランスではお菓子屋さんのショーウィンドーは毎年カラフルなリボンを結んだうさぎや卵の形のチョコレートで飾られて、とても華やかだそうです。

子だくさんなうさぎは「命」、卵は「誕生」のシンボルでこの日は大人たちが朝早くから家や庭にうさぎや卵のチョコレートを隠して、子どもたちが探すというイベントも繰り広げられます。

キリストの復活と共に冬から春へと変わる季節をお祝いする祭日がイースターです。春分の日の後の最初の満月から数えて最初の日曜日がイースター、2018年は4月1日です。

写真は100円均一で見つけたイースターの飾り。あなどるなかれ、この頃は可愛いのが見つかります。まずは100円均一をのぞく私です。ホワイト×ブルーで爽やかな春のイメージで。たまご型にペイントされていてとっても可愛いです。

可愛いイースターの朝ごはん

イースターの朝は可愛いうさぎのサラダを作って朝ごはんです。春爛漫そんなイメージで作ってみました。ゆで卵で簡単アレンジです。

材料

茹で卵 2個
ベビーリーフ 1パック
ラディッシュ 2個

作り方

沸騰したお湯に常温に戻しておいた卵2個を8分ほど茹でます。1個は半分にカットして黒ごまで目を作ってキュウリでひげを作りました。もう1個で耳を作ります。

ベビーリーフをしいた上にうさぎ卵をのせてラディッシュで飾ります。お子さんと一緒に作っても楽しいと思います。

これにパンとスープと飲み物で朝ごはんの完成です。

イースターのおやつ

フランス北西部、ドイツ国境のアルザス地方では、羊の形をしたお菓子「アニョー・パスカル」で祝うのが習わしです。ふわふわのお菓子で卵と粉とバターで作られていてシンプルな焼き菓子です。素朴な感じのお菓子です。食べるのがもったいないほどの可愛らしさ。

焼くときに使う陶製の型は洗わないのが一般的で何度も使ううちに型の裏側にバターがなじんでおいしく焼けるそうです。型を作ってる工房で顔の表情も違ってくるようなので、お気に入りを見つけるのも楽しいかと思います。

この型は一番小さな型ですが、もっと大きなものもあります。我が家の型も育てていきたいです。

イースター、我が家も子ども達と楽しみたいと思います。


【あなたにおすすめの記事】
■ゆで卵がおしゃれに変身!ぱぱっと簡単にできるデビルド・エッグ
■トースターで簡単に焼ける!スパイシーなタンドリーチキン
■あのハワイ名物を自宅で簡単に♪混ぜるだけの絶品よくばりポキ丼
■缶詰とは思えない!おしゃれでカンタン♪おつまみ3選
■フライパンひとつで完成♪おしゃれなカフェ風ワンプレート


執筆者:masayo

更新日:2018年3月28日


14

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

よく読まれています

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録