アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【紫外線マスター直伝!】日焼け止めの正しい選び方

日差しを感じる季節になってきました。紫外線対策のために、日焼け止めを毎日塗っている方も多いのではないでしょうか。日焼け止めはとにかく「SPF/PA」が高い数値のものを選んでいませんか?実はそれ、肌に負担になってしまうのです。今回は日焼け止めの正しい選び方を、「紫外線マスター」の筆者が紹介します。

目次

正しい選び方の前に!日焼け止めの基礎知識をおさらい

正しい日焼け止めの選び方をご紹介する前に、日焼け止めには欠かせない「SPF・PA・紫外線吸収剤・紫外線散乱剤」についてお伝えします。

SPF

赤くなる炎症を引き起こし、シミの原因になってしまうUVBを防ぐ目安の数値です。何も塗らない場合と比べて赤くなるまでの時間をどれだけ引き延ばせるかを表しています。数値が大きいほうが、UVBを防ぐ力が大きいということになります。

PV

肌を黒くして、コラーゲン繊維等を破壊してシワやたるみの原因になってしまうUVAを防ぐ目安の数値です。「+」~「++++」まであって「+」の数が多いほどUVAを防ぐ力が大きいです。

紫外線吸収剤

多くの日焼け止めに配合されている紫外線吸収剤は、紫外線を一度吸収してから熱などのエネルギーに変換してから紫外線をブロックしています。いわば化学反応を起こしているイメージです。

▶メリット
・白浮きせず、使用感がよい
・高い防御力を持つものを比較的つくりやすい
・安価で手に入れやすい

▶デメリット
・化学反応を肌の上で起こすため、肌が敏感な方は刺激になってしまう可能性がある
・時間が経つと分子が壊れやすいため塗り直し必須

紫外線散乱剤

「ノンケミカル」とパッケージに記載されている日焼け止めはこの紫外線散乱剤のみを使用して作られた日焼け止めのこと。紫外線散乱剤は、紫外線そのものを反射するので、肌にベールを一枚纏う感覚で紫外線をブロックしてくれます。

▶メリット
・刺激が少ないので敏感肌の方でも使うことができる

▶デメリット
・紫外線散乱剤のみで高いブロック率を持つ日焼け止めを作るのは難しい
・白浮きしたりざらついたりと使用感があまりよくない
・紫外線散乱剤の一種、‘酸化亜鉛’が配合してある日焼け止めは、金属アレルギーの方には注意

紫外線防止剤である、「紫外線吸収剤と紫外線散乱剤」はメリットデメリットどちらもあるので、一概にどちらが良いとは言えません。自分の肌質・使いやすさ・シーンに合わせて選んでくださいね。

また、強い日差しに当たらないときに、「SPF/PA値が高い日焼け止めを使うと肌に負担をかけてしまう」という理由の一つは、高い紫外線防御力を発揮するために配合する、「紫外線吸収剤」を日焼け止めに溶かし込むのに‘エタノール’を使用しているからです。エタノールは蒸発する際に肌の水分も奪ってしまうため、乾燥に繋がってしまいます。また、紫外線吸収剤は配合量に上限はありますが、高い紫外線防御力を発揮するためには上限までたくさん配合しなくてはなりません。すると、配合するエタノールの量も必然的に増えてしまうため、肌に負担がかかってしまうのです。

シーン別おすすめ日焼け止めの選び方

日焼け止めを語るのには欠かせない「SPF・PA・紫外線吸収剤・紫外線散乱剤」について理解していただけましたか? それではシーン別におすすめの日焼け止めの選び方を紹介します。

通勤・通学などの日常

通勤や通学などの長時間屋外にいるわけではない日常には「SPF10~30/PA+~++」程度の日焼け止めを選びましょう。

・日常におすすめの日焼け止め

「ブルークレール UVラグジュアリーデイクリームII SPF23/PA++」
ノンケミカルはもちろん、保湿成分が贅沢に配合されているので、クリームみたいなつけ心地の日焼け止めです。紫外線だけでなく、花粉、PM2.5、ロングUV‐A、ブルーライトそして近赤外線までもブロックしてくれるので安心!

カフェ巡りやウインドウショッピングなどの散歩

さんさんと降り注ぐ太陽のもとに出るわけではないけれど、長時間外を歩き回るときの日焼け止めは、「SPF30~40/PA++~+++」程度のものを選びましょう。

・長時間の外出におすすめの日焼け止め

「長寿の里 さんごでUV SPF32/PA++」
紫外線防御力のある「さんご」に着目して作られました。紫外線をブロックしてくれるのはもちろん、毛穴ケアや美白ケアも叶えてくれる1品3役の日焼け止めクリームです。

海やプール・登山のレジャー

海やプール・登山など強い紫外線のもとに長時間当たるレジャーの際は迷わず「SPF50/PA++++」のものを選びましょう。

・レジャーにおすすめの日焼け止め

「アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク SPF50/PA++++」
日焼け止めの代名詞ともいえる存在のアネッサ。おなじみのヴィジュアルに大きな違いはないのですが毎年少しずつパワーアップしています。アネッサ史上最高のUV防御力&スキンケア成分50%配合で、 汗・水にふれると、UVブロック膜が強くなる「アクアブースター技術」がさらに進化したそう。今年の春夏も頼れる存在になりそうですね。

・レジャーにおすすめの日焼け止め‘敏感肌向け’

「ヴァントルテ SPF50+PA++++ ミネラルUVクリーム」
敏感肌だけど、レジャーの時にはしっかり紫外線をブロックしてくれる日焼け止めを使いたい!という方におすすめは、ノンケミカル処方のこちら。紫外線をブロックしてくれるのはもちろん、6種類の植物エキスが健やかな肌へ、3種類の植物オイルが肌にツヤと潤いを与えてくれます。

正しい日焼け止めの選び方、シーン別におすすめの日焼け止めをご紹介しました。
これからどんどん増えていく紫外線。上手に付き合っていくためには日焼け止めが必要不可欠です。ぜひシーン別に自分の使い心地のよい日焼け止めを選んでみてくださいね。


【あなたにおすすめの記事】
■色白美人になりたい人注目ハッシュ♡#美白オタクのオススメ品
■紫外線に打ち勝つ!美容マニア推薦のお悩み別優秀アイテム
■しみの漂白剤『ハイドロキノン』と次世代美白成分『ルミキシル』
■飲む日焼け止めだけで日焼けしない?効果的な日焼け対策とは
■日焼け止めの選び方/美容ライターガチ推し商品もご紹介!


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

剱持百香

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録