アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

アノ食材が紫外線の吸収を高めていた!本気の紫外線対策

暖かくなると、気になるのが紫外線。フルーツや野菜を摂って、内側から紫外線対策をしている方も多いのではないでしょうか。じつは紫外線ケアのつもりで摂った朝食が、かえってNGの場合があります。そこで今回は朝食べると紫外線対策にNGな食べ物を紹介します。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

紫外線対策には食事による内側ケアが大切!

寒さが厳しかった冬を乗り越え、春のポカポカ陽気が心地よい季節になってきました。暖かい季節は気持ちも前向きになり、外に出かけたい気分になりますよね。

毎年暖かくなる季節、多くの人が気がかりなのは、紫外線の影響ではないでしょうか。オゾン層の減少により、地球に降り注ぐ紫外線の量は年々増加していると言われています。いくら日焼け止めをしっかり塗り、日傘やサングラスをしていても、完全に紫外線を防ぐことは難しいです。しかし、肌を老化させる1番の要因となるのは、この紫外線なんですよね。

美肌や健康のことを考え、ビタミン豊富なフルーツや野菜を朝から取り入れる女性も増えています。紫外線による、シミ、シワなどのエイジングトラブルを防ぐために、食事による内側からのケアを取り入れることはとても効果的です。

果物はビタミンやミネラル補給にとても最適。

しかし、紫外線の強まる時期は、朝のフルーツやスムージーで少し気をつけたいポイントがあります。

あの食材が紫外線の吸収率を高める?

実は、一部のフルーツや野菜には、朝食べることで、紫外線の吸収を高めてしまうものがあるのです。せっかく美容や健康のためにと思って食べていたものが、紫外線の吸収率を高めてしまってはショックですよね。そこで、紫外線対策に気をつけたい食べ物についてご紹介します。

紫外線にNG な“光毒性のある食べ物”

紫外線の吸収を高めてしまうのは、ソラレンという成分を含む食材です。ソラレンは紫外線の感受性を高めるため、この成分を含む食べ物を食べて紫外線に当たると、シミやシワ、赤みを引き起こす可能性があります。

ソラレンを含む食べ物は、柑橘類のオレンジやレモンをはじめ、キュウリやニンジンなど、身近な食べ物ばかりです。

ソラレンを含む食べ物

●オレンジ
●グレープフルーツ
●レモン
●キウイ
●イチジク
●アセロラ
■キュウリ
■セロリ
■ニンジン
■シソや三つ葉などの香味野菜

朝にフルーツやスムージーなどを食べる場合は、これらの食材を気にしてあげた方が良いでしょう。

食べる時間を考えて、美容の味方に

ソラレンを含む食べ物は、ビタミン類やβカロテンなど、美容・健康に良い成分を含む食材ばかりです。では、これらの食材は食べない方が良いのでしょうか?そんなことはありません。ソラレンは摂取後〜7時間ほど効果が続くそうです。

そのため、紫外線のことを考えると朝やお昼の摂取は避けたほうが良さそうです。その代わり、夕方以降は問題ありませんので、積極的に食べてください。

日焼けや紫外線ケアには、ビタミン類だけでなく、抗酸化作用のあるポリフェノールやカロテノイドを一緒に取り入れることで、インナーケアが強化できます。

また、朝やお昼に食べるのにお勧めのフルーツは、りんご・バナナ・いちご・ぶどう・桃などです。特にいちごはソラレンを含まず、ビタミンが豊富なフルーツです。

日差しの強まるこれからの季節、上手くインナーケアを取り入れながら紫外線対策をして過ごしていきましょう。


【あなたにおすすめの記事】
■【紫外線マスター直伝!】日焼け止めの正しい選び方
■紫外線に打ち勝つ!美容マニア推薦のお悩み別優秀アイテム
■春の紫外線対策は内側からのケアが大切!おススメ食材5選
■知らないと損しちゃう!プロが教える紫外線対策の始め時!
■飲む日焼け止めだけで日焼けしない?効果的な日焼け対策とは


執筆者:関谷ハルカ



5

michillライターさんの励みになります

トップへ戻る

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録