プロが教える!簡単にできるお布団の収納術

少しずつ暖かくなり、冬用の掛布団を片付ける方も増えてくると思います。圧縮袋を使って布団を収納する方もいると思いますが、圧縮袋が膨らんで場所をとる…なんてこと、ありませんか?そこで今回は、圧縮袋を膨らみにくくする方法をご紹介します。

少しずつ暖かい日が増えてきました。
まだまだ冬用の掛布団は活躍中だと思います。
が、みなさんが布団を仕舞い始める前にお伝えしておきます!

圧縮袋で圧縮して布団を収納している方も多いですよね。
しかし、せっかくコンパクトに収納しようと圧縮したのに、時間が経つと膨らんでしまう。
最初は隙間があった押し入れの中も、圧縮袋が膨らんでいっぱいいっぱい。押し入れから出すのも大変なんてことありますよね。

今回は、そんな圧縮袋を膨らみにくくする方法をご紹介します。

布団を圧縮

まずは、布団を圧縮します。1枚の袋に何枚も入れるのは避けましょう。
そして、羽毛布団は圧縮してはいけません。
ウチの場合は、コインランドリーで洗濯乾燥をして、圧縮してしまっていますが。
羽毛布団を圧縮すると羽軸が折れてしまったりするのでダメなのです。

筒状にする

ペッタンコに圧縮できたら、それをクルクルと巻いて筒状にします。
ここで、出来るだけコンパクトになるように、しっかり巻いておきましょう。

ラップテープで巻く

梱包用に使われるラップテープを使います。
置いてあるのは、ホームセンターなど。
100均にもありますが、100均のモノは芯をクルクルと自分で回しながらまくしかないので使いにくく、オススメしません。

このラップテープで筒状にした布団をクルクルと巻いていきます。
これで空気が入ってしまっても膨らみにくい。
筒状にすることで、出し入れもラクになります。

更に、仕舞うときには布団カバーを付けてから圧縮すると、使うときにラクですよね。
布団は、使う前に布団乾燥機を掛けると、ふっくらの状態に戻って気持ちよく寝られるかと思います。

毎回、膨らんじゃう圧縮袋がストレス…と思っている方は、是非お試しください。


【あなたにおすすめの記事】
■布団の収納はまず掃除と天日干しで綺麗に!
■広い押し入れを有効活用する方法って?
■クローゼット収納はこの場所に作るのがおすすめ!
■収納に使える!「プラダン」の魅力3つ
■高い場所の収納は、こう作る!収納場所の有効活用術


更新日:2018年4月7日 / 公開日:2018年4月7日

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

ログイン・無料会員登録