やっぱり旬の食材が一番おいしい!20分で簡単春のリゾット

更新日:2018年4月13日 / 公開日:2018年4月13日

春がやってきました!コートを脱いで、身体も気分も軽くなりますね。お店には、春が旬の食材がいっぱい!今が旬の食材を使って、ランチにも、ワインを飲みながらのディナーにもおすすめの春リゾットを作ってみませんか?

あさりと新玉ねぎとアスパラガスのリゾット

お米から作るリゾットは、時間がかかるように思いますが、火にかける時間は、15分~20分程度。あさりの旨みをたっぷりと吸ったお米はとても美味です。お米は食感がのこるようにアルデンテに仕上げてください。

あさりの他に入れる食材は、新たまねぎとアスパラガス。新玉ねぎは、柔らかいので、大きめに切って甘みを楽しめるようにしました。

材料(2人分)

米 1合
あさり(砂抜きしたもの) 250g
新玉ねぎ 1/2個
アスパラガス 3本
ルッコラ 適量(お好みで)
パルミジャーノ(粉チーズ) 15g
白ワイン 50cc
コンソメスープ 400cc
バター 20g
塩・白胡椒 適量

作り方

① 新玉ねぎは、1cm位の大きさの角切りにする。アスパラガスは、下の固い部分だけ皮をむいて乱切りにする。

② 鍋にあさりと白ワインを入れて蓋をし、開いたら火を止め、スープとあさりに分ける。あさりは飾る分を10個くらい残して残りは、貝殻から外しておく。

③ 鍋にバターを入れて、米を炒め、新玉ねぎも加えて炒める。あさりのスープとコンソメスープを合わせて200ccほど入れて煮て、汁けが少なくなってきたら、コンソメスープを足しながら煮る。

12~13分煮たらアスパラガスを加え、お米の芯がほんの少し残る程度になったら火を止め、あさりの身とおろしたパルミジャーノを入れて、塩、白胡椒を入れ味を調える。

④ 盛り付けて、お好みでルッコラをのせる。

お米は洗わずに使います。お米にスープを入れたら、あまりかき混ぜすぎないようにし、汁けが少なくなったらスープを足しながら、好みの固さになるまで火を通してください。

グリーンピースと新玉ねぎのリゾット

グリーンピースのリゾットは、豆の甘みと新玉ねぎの甘さがやさしい味わいです。

材料(2人分)

米 1合
グリーンピース(さや入り) 150g
新玉ねぎ 3/4個
パルミジャーノ(粉チーズ) 20g
白ワイン 大さじ2
コンソメスープ 400cc~
バター 20g
塩・白胡椒 適量

作り方

① グリーンピースはさやから出す。新玉ねぎは、1cm位の大きさの角切りにする。

② 鍋にバターを入れて、米を炒め、新玉ねぎとグリーンピースを加えて炒める。コンソメスープを合わせて200ccほど入れて煮て、汁けが少なくなってきたら、コンソメスープを足しながら煮る。

お米の芯がほんの少し残る程度(15分位)になったら火を止め、パルミジャーノを入れて、塩、白胡椒で味を調える。

野菜を味わうシンプルなリゾットですが、ベーコンやハムをあわせればコクが増します。パルミジャーノはお好みでたっぷり入れてください。

春の食材で楽しむリゾット

旬の食材を使って作る春のリゾット。菜の花や、そら豆、たけのこなどもリゾットにぴったりです。

春の味をリゾットで、ぜひお試しください。

【あなたにおすすめの記事】
■お花見にも♪春の可愛い手まり寿司レシピ
■テーブルの上の桜、満開 春の桜のカクテルたち
■広島の春はちりめんじゃこ!おつまみに最高じゃこレシピ
■旬到来!新玉葱をおいしく食べる“超”シンプルレシピ
■“料理家さん家のきちんとごはん”旬のホタルイカを満喫!



この記事の著者

ログイン・無料会員登録