ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
眉の描き方 眉頭 眉尻

垢抜け度は「眉頭&眉尻」で決まる!美人見えする眉の作り方

眉メイクのトレンドの移り変わりは早く、最近は作り込みすぎていない立体感のある眉が人気です。今回は眉頭と眉尻にメリハリをつけて垢抜け美人見えを叶える眉メイクプロセスをご紹介します。

目次

STEP①眉山と眉尻の位置を決める

それでは4つのステップで眉メイクを仕上げていきます。

まずは眉山と眉尻の位置を決めます。

アイブロウペンシルを使用して眉山と眉尻を作りたい位置に印をつけていきます。

眉の黄金比に従い、眉山は黒目の外側ラインの延長線上に、眉尻は小鼻と目尻を結んだ延長線上に作ると美しく見えます。

柔らかい雰囲気のメイクなどに合わせた短めの眉にしたい場合は、小鼻ではなく口角と目尻の延長線上を眉尻にします。

STEP②眉尻のガイドラインを描く

続いては今回の眉メイクの要となる眉尻を作っていきます。

先の工程で使用したアイブロウペンシルをもう一度使用して、印をつけた眉山と眉尻を結んでいきます。

メリハリのあるシャープな眉尻にするために、気持ち濃いめにキリッと描きましょう。少し濃くなってしまっても次の工程でぼかせるため問題ありません。

アーチ型を描くように眉の下側にもガイドラインを描きます。

STEP③眉尻側から全体を塗り潰す

眉尻のガイドラインが完成したら、中を埋めてなじませていきます。

アイブロウペンシルと近いカラーのアイブロウパウダーを使用して、眉尻側からガイドラインを軽くぼかすようにしながら中を埋めていきます。

ここでの一番のポイントは、眉尻から眉頭に向かって徐々に淡くなるように乗せていき濃淡のメリハリを出すことです。

眉頭はあえて地毛感を残し、ブラシに残ったパウダーを軽く付ける程度でOKです。

眉毛が薄い方や左右非対称な方は、気になる部分のみ細いアイブロウペンシル等で描き足すとより美しく仕上がります。

STEP④眉マスカラで全体を整える

仕上げに眉マスカラを塗って全体を整えていきます。

アイブロウマスカラを使用して、眉全体の色を均一にしていきます。

軽やかな抜け感を出したい場合は、アイブロウペンシルやアイブロウパウダーよりワントーン明るいアイブロウマスカラを選ぶのがおすすめです。

眉頭部分は毛を立ち上げるよう下から上に向かってしっかりと塗り、中間以降は毛流れに沿ってサッサッと塗っていきます。

アイブロウマスカラは地肌に付いてしまうと修正が難しいため、地肌に付かないように丁寧に塗りましょう。

完成した眉メイクがこちら

眉頭と眉尻にメリハリをつけた垢抜け眉に仕上がりました。毎日のメイクに取り入れて、美人眉を手に入れてくださいね。

【あなたにおすすめの記事】
■そのアイシャドウの塗り方NGかも!知ってる人は絶対やらない「3つの残念アイメイク」
■垢抜けない原因は眉にアリ!眉のスペシャリストが教える「残念眉を垢抜け眉にするコツ」
■今っぽ感NO.1は抜け感のある大きな目♡こなれ顔になれるデカ目の作り方


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

kana.s

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録