絶対かわいくなれるメイク術♡キラキラ輝く主役級の瞳に

春夏に向けて、ファッションと一緒にメイクもカラフルで華やかにしたいですよね。出会いも多いこの季節、特にカラーのアイシャドウを使うと、顔の印象がグッと華やかになって注目度も上がります。今回は上級者向けに、上下まぶたで違う色を入れるテクニックをご紹介します!

目元を華やかに♪

春夏といえば、ピンクにグリーンにイエローにと、ファッションでもメイクでも華やかなアイテムが多いですよね。なかなかメイクで取り入れるのが難しいこれらの色も、上下まぶたにそれぞれ違う色を入れるだけの簡単メイクで、キャッチーで目を引くお顔になれるんです♪

色を入れるバランスは、「1/2」と「1/3」を意識してみて

これまでビビッドな色を使って失敗してきたという人にまず覚えていただきたいのは、色を入れるバランス。まぶた全体に色を入れてしまうと、やりすぎ感が出てしまいがち。そこでおすすめしたいのは、上まぶたは「目尻から2分の1」、下まぶたは「目尻から3分の1(または3分の2)」のバランス。色が主張しすぎず、ポイントメイクとしてかわいく見えるベストバランスです♡

それでは実践してみましょう!

(上)ベビーピンク×(下)マットイエローで、親しみやすいヘルシーアイ

王道モテのベビーピンクのラメシャドウも、マットなイエローと掛け合わせれば明るく親しみやすい印象に大変身!
マットイエローは色味をきちんと出した方がかわいいので、硬めのブラシでしっかりと色をのせてみて。存在感のある色なので、目尻「3分の1」で入れるのがおすすめ!

▼使用アイテムはこちら

・shu uemura(M 360)
・ESPRIQUE SELECT EYE COLOR (PK801)

(上)ライトブルー×(下)まぶたピンクで、おてんばなお嬢様な雰囲気に♡

清楚な雰囲気なブルーも、かわいらしいビビッドピンクと併せればとたんにチャーミングな印象に♡ライトブルーは下まぶたに入れてしまうとクマっぽくなり青ざめた顔に見えてしまうので、上まぶたに入れてくださいね。涼しげな色なので少し多めに入れても大丈夫。私は目尻から「3分の2」入れています。

▼使用アイテムはこちら

・MAKE UP FOR EVER(ME‐232 ターコイズブルー、S‐864 ベビーピンク)

(上)グリーン×(下)ピンクで、清楚で女性らしい印象に

春らしい色の定番といえば、ペールグリーンですよね!日本人の肌にもよくなじむことから人気の高い色ですが、グリーン単体でメイクするのは少し難しく感じる方が多いと思います。そこで試していただきたいのが、ピンクとの合わせ技!コスモスの花のような可憐なカラーリングは、男性ウケ間違いなしです♡

▼使用アイテムはこちら

・LUNASOL スパークリングライトアイズ(03)
・CANMAKE パーフェクトスタイリストアイズ(ガトーフランボワーズ)

(上)ライトブルー×(下)イエローで、美人さを引き立てる爽やかな印象に

特に初夏に試してほしいのが、こちらのさわやかなカラーリング。ラムネのような軽やかなライトブルーとシャンパンのような上品なラメイエローが、顔全体をグッと華やかで美しく見せてくれるはず。

ラメイエローは少し控えめに目尻から「3分の1」入れましたが、夏のお出かけのときには「3分の2」まで入れることで、夏の日差しを受けてより印象的な目になりますよ♪
+αテクとして、濃いブルーをアイライン代わりに目のキワに塗ることで目の印象を引き締め、さらに美人度がアップします。

▼使用アイテムはこちら

・RMK インジーニアス Wパウダーアイズ(03)
・visse avant シングルアイカラー(007)

ライバルに一歩差を付けるキュートなアイメイクテクニック、ぜひ試してみてくださいね♡

「#アイシャドウ」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■1つ800円!単色でも使えるプチプラシングルアイカラー
■キャンメイクの新作が可愛すぎる♥ベルベッティフィットカラーズ
■全部1,500円以下!今すぐ買いたい優秀プチプラコスメ6選
■イエベ?ブルべ?パーソナルカラー別おすすめアイシャドウ4選
■すぐにとれたらもったいない!マツエク長持ちの四原則とは!?


更新日:2018年4月23日 / 公開日:2018年4月23日

この記事の著者

ログイン・無料会員登録