夏バテしててもさっぱり食べられる!サバ缶で簡単!薬味たっぷり夏ちらし寿司&おすすめアレンジ

更新日:2021年7月24日 / 公開日:2021年7月24日

ナチュラルフード・コーディネーターの茂木奈央美です。暑い日にさっぱりと食べるならコレ!香味野菜の薬味をたっぷり使った夏仕様。混ぜて乗せるだけで出来る、ちらし寿司です。味の決め手は、便利なサバ缶で。しょう油味を使うので、特別な味付けのいらないレシピをご紹介します!

このレシピを試すのにかかる時間

  • 約20分 (米を炊く時間は除く)

サバ缶と香味野菜の夏ちらし寿司のレシピ

材料(2~3人分・米2合分)

〇ちらしの具
・サバ缶しょう油味…1缶(味噌味でも可。重量190g 固形量140g)
・きゅうり…小2本(大なら1本)
・みょうが…2~3個
・しょうが…ひとかけ
・塩…小さじ1/2

〇ちらしのご飯
・ごはん…2合分(温かいご飯を用意してください)
・酢…大さじ3
・砂糖…大さじ2
・塩…小さじ1
・白ごま…小さじ2~3

〇トッピング
・青じその葉…3~4枚
・青ゆず…適量(またはすだちなどの柑橘類)

作り方

まず、上に乗せるちらしの具を準備します。

① みょうがは、輪切りにして2~3分水にさらして、アクを抜く。

② きゅうりは、薄い輪切りに、しょうがは、千切りにしてボウルに入れる。

③ ①の水分を切ってから②に加え、塩を入れて混ぜる。そのまま5~10分置く。

置いている間に、ちらしのご飯を準備します。

④ 大きめのボウルまたは寿司桶などに、ご飯を入れる。

⑤ 酢、砂糖、塩を混ぜたら、④に加えて、切るように混ぜる。白ごまも一緒に入れる。

盛り付けて、トッピングをしていきます。

⑥ 皿に⑤を盛り、サバ缶を食べやすい大きさに崩しながら、乗せる。

⑦ ③の水分を切り、上に乗せる。

⑧ 千切りにした青じその葉を乗せ、青ゆずは半分に切り、果汁を上から絞ったら、出来上がり。

青ゆずは、皮をすりおろして、かけても美味しいですよ!

小皿に取り、混ぜながら召しがってくださいね!

手順を簡単な動画で紹介しています。参考にしてみてください。

おすすめアレンジ・だし茶漬けのレシピ

材料

・サバ缶と香味野菜の夏ちらし寿司…おにぎり1個分の量
・めんつゆ3倍濃縮…小さじ1~適量(または白だし)
・冷水…100ml
・白ごま…適量

作り方

① サバ缶と香味野菜の夏ちらし寿司でおにぎりを作り、器に入れる。

② めんつゆと冷水を混ぜ、①にかけ、白ごまを振りかけたら、出来上がり。

ちらし寿司に酢を使っているので、お茶をかけるより、だしの方が合うと思います。

ご飯に味が付いているので、めんつゆと冷水の割合は、薄いお吸い物くらいで十分です。お好みに合わせて調節してくださいね。

夏にさっぱりと頂ける、混ぜて乗せるだけの、「サバ缶と香味野菜の夏ちらし寿司」をぜひ、作ってみてくださいね!

「#夏レシピ」の記事をもっと見る



この記事の著者

ログイン・無料会員登録