メイク上手は季節ごとにチョイスを変えてます!夏メイクを楽しむコスメ選びのポイント

更新日:2021年7月26日 / 公開日:2021年7月26日

梅雨も明け、ついに夏本番。連日30℃を超え、湿気と汗さらにマスクの蒸れも加わりメイク崩れが一番気になる時期ですよね。皆さんはどんな対策をされているでしょうか。今回はコスメマニアの筆者がこの季節に選ぶコスメのポイントや色味を実際のアイテムとともにご紹介していきます!

ポイント①下地はしっかり日焼け対策と毛穴ケアができるものを

まず欠かせないのがUVケア!どんなに曇っている日でも日焼け止めは必ず塗るようにしています。

日焼け止めはメイクではなくスキンケアと言われるぐらい毎日塗るべき大切なもの。なので顔用はSUQQUのエクストラプロテクター50(税込¥6,600)を使用しています。SPF50+/PA++++と国内最高値ながら、日焼け止め特有のキシキシ感がなく乾燥しないので気に入っています。

RMKなどにもう少しお手頃なものもあるのと、肌との相性があるのでサンプルから試してみてください。

そして気温が上がると気になるのが毛穴。暑いとどうしても開いてきてしまいます。

そこで愛用しているのがクレ・ド・ポー ボーテのヴォワールマティフィアンリサン(税込¥7,150)。ジェルのような質感の下地で毛穴を埋めながら滑らかな肌にしてくれます。

毛穴系や皮脂テカリ防止系の下地はどうしても乾燥が気になるものが多いのですが、これは全く乾燥しません!全顔に塗ってもカピカピにならないんです。

筆者は毎朝これをおでこと鼻、鼻の下の皮脂分泌が活発なところにメインで塗り込んでいます。

ちなみにファンデーションはNARSの白パケの新しいクッションファンデーションを使用しています。

ポイント②しっかりコーティングできるパウダーとミストは必須

マスクという物理的な摩擦がある分、ベースメイクの仕上げにお粉は必須。夏用パウダーは数々試してきたのですが、今年買って良かったのがANNA SUIのウォーターパウダー(税込¥5,500)。

2色展開のうち、筆者は肌が白いので200番のライトパープルにしました。

名前の通り粒子ひとつひとつが水を抱え込んでいて、肌にのせた瞬間ひんやりします。皮脂吸着成分も入っているのに、水の力で保湿もしてくれるそんな不思議なアイテムです。

パールが入っているかのような自然なツヤが出るのですが、実はノンパールでこれも水の力だそう。塗った感のない軽い付け心地も魅力的です。

夏限定商品なのでオンラインや店頭でチェックしてみてください♡

もうひとつ欠かせないのがフィックスミスト。デパコスだけでなくプチプラにもたくさんありますが、やっぱり使い心地が安定しているのがCLARINSのフィックスメイクアップ(税込¥4,400)。

とにかく霧が細かくてびしょびしょにならないので、全くメイクに響かない!それが最大で最高の魅力です。

冬はオイルが入ったものでも良いのですが、夏はさっぱりが良いのでこれ一択です。通常は赤いパッケージのバラの香りですが、夏季限定でこちらのバニラと洋梨の香りが出ています。

ポイント③消えやすい眉尻を解決できるアイテムチョイス

外に出て立っているだけで額に汗が滲む今、地味にストレスなのがせっかく描いた眉尻が消えてしまうこと!かといってアートメイクは高額で、誰でもすぐにできるものではありません。

そこでおすすめなのがFujikoの眉ティントSVR(税込¥1,408)。すっぴんの眉に理想の形に塗って、乾かしてそのまま寝るだけ!翌朝ぺりぺりとめくれば眉が染まってるんです。

1回で3日ほど持つのですが3日目の様子がこちら。毛の無い眉尻までちゃんと染まってくれるので、すっぴんでも眉がありますし、忙しい朝もこれをガイドにパウダーや眉マスカラをするだけで良いので形も失敗せず超時短!ハケにコシがあるのと斜めカットになっていることで眉尻もシャープにキマります。

カラーはオンライン限定色を含めて4色展開で、筆者はモカブラウンを使用しています。(1日目だと画像よりもう少し赤みがあります。)

ポイント④ブルべでも使えるオレンジで夏メイクを楽しむ

カラーもので夏と言えばやっぱりオレンジ。ブルベの筆者ですが、トーンや質感に気をつけてオレンジメイクを楽しんでいます。

今年購入したアイシャドウが、CHANELのレ ベージュ パレット ルガール のウォーム(税込¥8,250)とDiorのサンククルールクチュール022(税込¥8,580)。

CHANELの方は、コーラルオレンジにベージュやと濃すぎないブラウンが抜け感を出すピュアな配色で、可愛らしいメイクが好きな方におすすめです。

Diorの22番はオンライン限定色で夏の日差しを感じるような、でも攻めすぎない落ち着きのある色味。全てサテン質感なのでギラギラしすぎず、左上と右下をメインに使えばオフィスメイクでも使えます。お休みの日は真ん中のコッパーをメインに入れるとまた違った雰囲気を楽しめます。

そんなアイシャドウにあわせるリップが、A’pieuのジューシーパンスパークリングティントのBE01番(税込¥1,100)。透け感のあるオレンジベージュのベースにゴールドのラメがチラチラと輝き、ぷるつやな美味しそうな唇に仕上がります。

ティントなので色持ちが良く、軽くティッシュオフすればマスクにも着きにくいです。鮮やかすぎないので割とどんなアイシャドウとも相性が良くポーチに入れておくと便利です。

いかがだったでしょうか。今回はコスメオタクの筆者が夏のメイク崩れに立ち向かうために導入しているアイテムや、おすすめのカラーアイテムを一挙にご紹介しました。

使う人を選ばない優秀なものばかりなので、気になるものがあればぜひお早めにチェックしてみてください!

※記事内の商品価格は筆者購入時のものです。

【あなたにおすすめの記事】
■そのアイシャドウの塗り方NGかも!知ってる人は絶対やらない「3つの残念アイメイク」
■垢抜けない原因は眉にアリ!眉のスペシャリストが教える「残念眉を垢抜け眉にするコツ」
■今っぽ感NO.1は抜け感のある大きな目♡こなれ顔になれるデカ目の作り方



この記事の著者

ログイン・無料会員登録