今夏の「シャツコーデ」はこれが正解!マネするだけで垢抜ける♡着こなしのヒント7Style

更新日:2021年8月6日 / 公開日:2021年8月6日

おしゃれさんに人気のアイテム「シャツ」。あまり着慣れないと、かっちり見えすぎてしまわないか心配ですよね。着こなし方次第で簡単に変化をつけられるから、味方にすればとても便利なアイテムなんです。今回はmichill編集部が、この夏おすすめの「シャツコーデ」をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね♪

ゆったりシャツは前だけINして今っぽいシルエットに

この夏はゆったりとしたシルエットのシャツが大人気。裾を前だけINすることで、シルエットにメリハリが出てこなれ感のある着こなしに仕上がります。

合わせるボトムスは、デニムでもセンタープレスが施されたものなどをセレクトするのがカギ。パンプスやきれいめなバッグで、ほんのりクリーンな印象に仕上げましょう。

丈が長めのシャツはきれいめパンツできちんと見える

チュニックなど、丈がやや長めのシャツも人気。気になるヒップもすっぽり隠れるから、体型カバーしながらおしゃれを思い切り楽しめます。

ボトムスはカジュアルすぎるものよりも、テーパードシルエットなどのきれいめなパンツを選ぶのがきちんと見えするポイント。重く見えないよう、クリア素材のサンダルやラフなバッグで抜け感を出すのも忘れずに。

スタンドカラーシャツはタックINでバランスよく

もはや定番となりつつあるスタンドカラーやバンドカラーデザインのシャツ。首元がすっきりとした印象になるので、上半身が間延びして見えない工夫が大切です。

思い切ってタックINすることで、パンツとの境目がはっきりと出てメリハリのある着こなしに。ややヒールが高めのパンプスやサンダルなら、より好バランスに仕上がります。

シャツワンピースを羽織ってこなれ感たっぷりに仕上げて

窮屈感がなくラフにはけるリラックスパンツは、トップスとのバランスをとるのが難しい場合がありますよね。そんな時はシャツワンピースに頼るのがおすすめ。

コンパクトなトップスを中に着ても、シャツワンピをゆるっと羽織るだけでこなれ感がアップ。縦長シルエットで全体をすっきり見せてくれる効果も◎

オープンカラーシャツをセットアップ風に着こなす

買ったはいいものの合わせるアイテムに悩みがちなオープンカラーシャツ。同色系のボトムスをセレクトしてセットアップ風にまとめれば、ほんのりきれいめな着こなしに仕上がります。

裾をタックINすることでウエストマークできて、ラフになりすぎるのを回避。上下がエクリュやベージュカラーなら、黒のサンダルやバッグを添えてグッと引き締めるのがポイントです。

ワンピースにシャツを羽織ってカジュアルダウン

夏らしく爽やかな印象の白ワンピースですが、甘くなりすぎてしまいそうな時はシャツをさっと羽織るとGOOD。清楚な雰囲気をキープしたままカジュアルダウンできて、バランスよくまとまります。

シアー素材のシャツなら、清涼感があって軽やかに着られるからおすすめです。足元にカラーサンダルを合わせれば良いアクセントに。

ブルーシャツをたすき掛けしてワンポイントに

シャツをアクセサリー感覚で使うおしゃれテクニックも!

キャミソールワンピース×白Tシャツのベーシックなコーディネートなどに、ブルーのシャツをたすき掛けするだけで簡単におしゃれ上級者見えが叶います。

靴やバッグはトップスに合わせた白で統一すれば、シャツがより際立ちます。デニムなどを合わせたコーデにも使える技なので、ぜひお試しあれ!

今回はシャツを使った、この夏おすすめのコーディネートをご紹介しました。

普通に着るだけでなく、工夫次第で幅広い使い方ができます。ぜひ、日々のコーデに取り入れてみてくださいね!

記事協力:#CBK

「#夏コーデ」の記事をもっと見る



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

ログイン・無料会員登録