アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

ゆったりブランチに♪カラダにやさしい新じゃがいものポタージュ

春野菜が美味しい季節。新じゃがいもと新たまねぎをじっくりと蒸し焼きにして、昆布だしと豆乳仕立ての体に優しいポタージュです。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

新じゃがいもがおいしい季節ですね

旬の春野菜は栄養もたっぷりあって、何より美味しくって。

冬の間は新陳代謝が落ち、脂肪や毒素、老廃物をため込んでいます。春野菜にはそんな老廃物のデトックス(解毒・浄化)効果があります。

今回は、春野菜を使って体に優しい美味しいポタージュの紹介です。あたたかくして飲んでも冷たく冷やしてもどちらも美味しいです。

豆乳仕立ての優しいポタージュ

材料

新じゃがいも 250g
新たまねぎ 1/2個
長ネギ(白いところ) 1本分
豆乳(無調整) 適量
昆布だし 適量
塩・胡椒 量

下準備

・昆布を5cm角にカットしたものを一晩水につけて冷蔵庫で保存しておきます。

・じゃがいもは皮を剥いて薄切りします。

・玉ねぎは薄切りに長ネギは斜め薄切りにしておきます。

作り方

① 鍋を熱して太白ごま油を入れて玉ねぎとネギを炒めます。しんなり透き通ってくるまで途中、蓋をして蒸し焼きにすると甘みが増します。

② じゃがいもを加えて、油が馴染むように混ぜたら、再び蓋をして10分ほど蒸し焼きにします。

③ じゃがいもが透き通ってきたら昆布だしをひたひたに注いでじゃがいもが完全に柔らかくなるまで火を通します。ここであまり昆布だしをたくさん入れない方が、後で好みの濃度に仕上げることができます。

④ ハンドブレンダーで攪拌してなめらかなポタージュの素を作ります。

⑤ 豆乳と昆布だしで伸ばして、塩・胡椒で味を調えます。豆乳の割合を多くすると濃厚なポタージュに、昆布だしを多めにするとあっさりと仕上がります。無調整の豆乳を使っているので煮立てないように温めてください。

⑥ あればあさつきを飾り、オリーブオイルや豆乳をたらします。

基本のポタージュの作り方なので、じゃがいもをグリーンピースにしたり、カリフラワーにしたり、南瓜にしたり、いろいろ変えて作っていただけます。

玉ねぎとネギを加えましたがどちらか1つだけでも大丈夫です。2種入れると、味と香りに深みが出ます。

うちの息子が牛乳アレルギーなので豆乳で作っていますがもちろん牛乳で代用してもらえます。

パンとスープと…。

パンとスープがあれば朝ごはんやランチに。スープは前もって作っておけるので忙しい朝のお助けメニュー。

食欲があまりない時も体にすーっと入っていき、栄養もばっちり。冬は温めて熱々を、夏は冷やして冷静ポタージュに。

豆乳や昆布だしで伸ばすときに濃いめにも薄めにもできて、おうち手作りならでは、お好みに作っていただけます。

季節ごとの旬のお野菜で楽しめるところも気に入っています。グリーンピースの綺麗なグリーンや南瓜の黄色、自然の美味しい色を目で見て楽しめて。野菜は蒸し焼きにすることでぐっと甘みを増し、一口、口に運ぶと野菜の自然の甘みを感じることができます。

旬の野菜の栄養分を余すことなく楽しめるポタージュ。ぜひお試しいただけたらと思います。

「#スープ」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■爽やかレモンと豆腐肉団子の食べるヘルシースープ
■ワンパンで!甘辛がクセになる、野菜たっぷりの簡単チャプチェ
■いつもの料理にひとふりで初めての味!カレー粉は魔法の調味料♪
■ピーラーだけで作れちゃう!おしゃれで美味しいリボンサラダ
■本当においしい野菜をグリル。ヘルシーランチが味わえる「WE ARE THE FARM」


執筆者:masayo

更新日:2018年5月2日


16

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

よく読まれています

COMING SOON

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

COMING SOON
ログイン・無料会員登録