レジで冷や汗…「えっダイソーなのに500円?」普通の容器に見えてお高めなのには理由があった

更新日:2021年9月18日 / 公開日:2021年9月18日

シンプルでおしゃれなアイテムがたくさん並ぶダイソー。あれもこれも100円で買えるなんてすてき!あっこれいいじゃん!と思ってレジに持っていった商品は、な…なんと500円?!うっかり見落としていたけれど、引っ込みがつかずそのまま購入しました…。でもよくよく見たら、その値段にも納得のすごい保存容器だったんです!

商品情報

商品名:ドライキャニスター
価格:¥550(税込)
サイズ:約幅100×奥行100×高さ103mm
容量:750ml
販売ショップ:ダイソー

値段に見合ったしっかりした作り!ダイソーの「ドライキャニスター」

ダイソーって、100円以外の高額商品には◎マークがついていることが多いですよね?

筆者がダイソーでお買い物中、シンプルでおしゃれでいいなーと思い、何気なくカゴに入れたこちらの「ドライキャニスター」…

ラベルまでシンプルだったので、完全に見落としていました…。

レジで店員さんに「500円商品です。」と言われてびっくり。間違えました、とは恥ずかしくて言えず、結局そのまま購入することに。

でも帰宅してからよくよく見てみたところ、「これってすごいかも!」と思うような納得の商品だったんです!

見た目はシンプルなキャニスターですが、100円ショップにしては高額商品(?)というだけあって作りはしっかりしています。メイド・イン・ジャパンの表記も◎

そして、このフタ部分に仕掛けがありました!

実はコレ、フタの裏に乾燥材や珪藻土の除湿剤をセットして使える、ドライポケットが付いているんです!

調味料を入れて使っていたら、湿気でカチカチに固まってしまった…なんて経験をされた方も多いのではないでしょうか?

このキャニスターを使えば、そんな心配もいりません。

セットの仕方はこんなかんじ。フタを指で開けてセットするだけでとっても簡単です♪

調味料の他にも、湿気がちなお菓子や、身の回りの細かいアイテムを収納しておくのにもおすすめです。

また、スタッキングして使うこともできるので、省スペースにもなってとっても便利ですよ!中身が一目でわかるので使い勝手もいいですね。

100均のアイテムには珍しく(?)シンプルデザインなのも、キッチンのインテリアを邪魔せず嬉しいポイントです!

ただし、密閉容器となっていますが、液体を多く含む食材や、発酵などをしてガスが発生するような食材は保存しないでくださいとのこと。横倒しにも気をつけてくださいね。アルコールを含むもの、酸性の強いものも保存できないようなので注意してください。

引っ込みがつかずに500円払って買ったアイテムですが、むしろお値段以上の便利なキッチングッズでした!気になった方はダイソーをチェックしてみて!

※記事内の商品情報は2021年9月15日時点です。

「#ダイソー」の記事をもっと見る



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

ログイン・無料会員登録