レンジで簡単10分で“腸ぱく”レシピ!「ツナときのこのコンソメパスタ」

更新日:2021年9月25日 / 公開日:2021年9月25日

ダイエット指導やスポーツ栄養士、料理家のkannaです。今回は電子レンジで簡単に作れる、旨みたっぷり時短パスタのご紹介です。ジューシーなツナときのこの旨みで大満足間違いなし!家にあるものでパパッと作れるので、在宅ワーク飯や休日のお昼ごはんにもぴったりです。ツナのたんぱく質、きのこの食物繊維を組合せた腸活×高たんぱく質で、栄養面もバッチリな「腸ぱく」レシピです。

このレシピを試すのにかかる時間

  • 約10分

レンジで簡単!腸活×高たんぱく質の簡単パスタ

材料(1人分)

・パスタ(乾燥) 80g
・ツナ缶(ノンオイル) 1缶
・しめじ 40g
・まいたけ 40g
・水 200ml
・コンソメ 1個
・オリーブオイル 小さじ1
・塩、黒こしょう 適量
・水菜 あれば適量

下準備

・しめじ、まいたけの石づきを切り落としてほぐす。
・水菜は根元を除いて3cm幅に切る。

作り方

① 耐熱容器に半分に折ったパスタ、水、コンソメを入れ、蓋をせずに600wの電子レンジで5分間加熱する。

② しめじ、まいたけ、ツナ缶を加えて全体を絡ませ、ふんわりラップをして600wのレンジで2~3分加熱する。

③ 火が通ったらオリーブオイル、塩、黒こしょうを加えてよく和え、水菜を盛る。

④ ツナときのこのコンソメパスタの完成です。

洗い物はお皿1つの楽ちん時短レシピ!シンプル味でアレンジも無限大!

鍋やボウルを使わずに、お皿1つで完成するのが楽ちん時短ポイント!

コンソメとツナのうまみがパスタにぎゅっと染みていて、お子様から大人まで食べやすい味!

大人用にはアクセントの黒こしょうをたっぷりかけるのがおすすめです。簡単・おいしく・栄養もとれる嬉しいレシピです。

腸ぱくレシピに欠かせない!食物繊維の役割とは

今回のレシピで使用している腸活食材は、きのこ。きのこには食物繊維が多く含まれています。

食物繊維は、人の消化酵素では消化されない成分です。そのため小腸で消化・吸収されないため、ダイレクトに大腸へ到達します。そして大腸で、便のカサを増やす、腸内細菌のエサとなる等の役割を果たします。

食物繊維は、腸内環境を整えるために欠かせない栄養素なのです。積極的に取り入れていきたいですね。

今回は、電子レンジを使って簡単に作れるパスタのレシピをご紹介しました。

お皿1つで洗い物も少なく時短になる上に、腸活にも繋がるとってもおすすめのレシピです!

シンプルなお味なので、オリーブオイルの代わりにバターを使用したり、パセリをふりかけてみたり、アレンジを楽しむこともできます。飽きのこない簡単パスタ、ぜひ作ってみてくださいね。

「#ヘルシーレシピ」の記事をもっと見る



この記事の著者

ログイン・無料会員登録