アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

ほどよくカジュアル♪ダイヤモンドアートが素敵なネイルデザイン

目次

多くの人に愛されるジュエリー、ダイヤモンド。キラキラのストーンやビジューを使ってこれを表現するのも素敵ですが、ダイヤモンドそれ自体をアートしたデザインもお洒落ですよね。この記事では、大人女子の皆様におすすめしたいダイヤモンドネイルデザインをご紹介します。

細ラインで描く大人のダイヤモンドネイル

 (579366)

Chevy Nail

via itnail.jp

女性らしく上品なダイヤモンドネイルを作る場合、細めのラインでダイヤモンドを描くことをおすすめします。

例えばベースを淡いピンクにして、ゴールドの細ラインテープを使ってダイヤモンドの形を作る、というのはいかがでしょうか。
ミントカラーやブルー系カラー、カーキといった色味を使って大人カジュアルに仕上げる場合も、ダイヤモンドを細めのラインでアートすることで、品のあるデザインになります。

セルフでアートする場合も、ラインテープであれば綺麗な直線を描くことができるため、失敗する確率を低くできるでしょう。

 (579368)

coconail (愛知・半田)

via itnail.jp

爪先にダイヤモンドをアートしたデザインも素敵

 (579370)

esNAIL

via itnail.jp

ダイヤモンドは、爪先にアートするのもおすすめです。ダイヤモンドのモチーフを爪先の形に合わせてアートすることで、フレンチネイルのようなデザインに仕上げるのです。

例えば、爪先をシルバーのキラキラなラメでカラーリングしておいて、その上に細筆を使ってダイヤモンドのモチーフを描く、というのはいかがでしょうか。
爪先に描いたダイヤモンドがまるで本物のジュエリーのようで、指を動かすたびにキラキラ輝いてくれますよ♪

ブラックでかっこよく仕上げたり、ホワイトで上品に仕上げたり、ネオンカラーでカジュアルに仕上げたり…。同じようなデザインでも、使用する色味を工夫するだけで出来上がりの雰囲気が変わってきそうですね。

 (579372)

STUNNING NAIL

via itnail.jp

くり抜きネイルでアートするダイヤモンドネイル

 (579374)

MeVius nail (名古屋)

via itnail.jp

ダイヤモンドネイルは、くり抜きネイルの技法を使っても可愛く綺麗に仕上げることができます。
まずはベースアートをして、その上に色を重ねることでまるでその模様をくり抜いたかのようなデザインを作っていくのです。

クリアベースに色を重ねてダイヤモンドの模様を作っていってもいいですし、ラメやホイルを使ってベースアートをした上にくり抜きアートをして、ダイヤモンドの部分をキラキラ輝かせるのもいいでしょう。

仕上げにラインストーンやビジューを施せば、さらにキラキラでゴージャスなデザインになりますね!


Itnail編集部


関連記事


/

この記事の著者

Itnail

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録