アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

薬膳や野菜、肉や魚介たっぷりの滋養火鍋を提供する「江戸火鍋」がグランドオープン

/

目次


江戸火鍋は、中国発祥の火鍋を江戸流にアレンジした火鍋専門店「日本の味 江戸火鍋 紹介制の火鍋専門店 銀座Chufang監修」を12月22日(水)に大井町にてグランドオープンした。

江戸火鍋のこだわり


江戸火鍋のこだわりは、ふたつの特製スープ。12種の薬膳が溶け出した滋味あふれるスープと、ネギの風味豊かな濃厚白湯スープ。これに旬の野菜と肉や魚介をたっぷりと食べられる。さまざまな旨味や出汁が溶け合った奥深い味わいの火鍋を、より多くの人々に届ける。

健康や美容への意識の高い人にも


本場中国の火鍋をベースに、日本人にも食べやすいようアレンジを加えた江戸火鍋。ハーブやスパイス、肉や野菜の旨みが溶け込んだスープは、最後の一滴まで楽しんでもらえるよう、油を多用する本場のものよりあっさりとした味わいに仕上げている。体の芯から温まるので、健康や美容への意識の高い人にもおすすめだ。

2種のスープで風味豊かに


ひとつは、江戸東京野菜である内藤とうがらしや香り高い四川とうがらし、山椒、八角などを使った薬膳スープ。もうひとつは、鶏ガラをじっくりと煮出した濃厚なスープに、高温の油で香りを引き出した刻みネギをたっぷり入れた白湯スープ。半分に仕切られた特製鍋に赤と緑のスープが注がれた様子は、目にも鮮やか。

旬の食材をふんだんに

江戸火鍋の具材には、国産の豚肉やエビやカキなどの新鮮な魚介に加え、契約農家から毎日届く季節の野菜が7~8種類揃う。どの産地のどんな食材が用意されているのかは、当日のお楽しみ。ときには、東京で古くから栽培されてきた珍しい「江戸東京野菜」が登場することもあるので、ぜひチェックしてみて。

シメには中華麺も


まずは、魚介や肉をスープに投入し、好みの加減まで火を通して楽しもう。魚介や肉のだしによってコクがプラスされたスープが、野菜の美味しさをさらに引き立ててくれる。各具材は単品での追加注文も可能。また、シメには雑炊用のごはんや中華麺も用意しているので、食材の栄養が溶け出したスープを最後まで堪能できる。

気になる人は「日本の味 江戸火鍋 紹介制の火鍋専門店 銀座Chufang監修」へ訪れてみて。

■日本の味 江戸火鍋 紹介制の火鍋専門店 銀座Chufang監修
住所:東京都品川区東大井5-15-10 1階
営業時間:12:00~22:00
定休日:月曜日、年末年始
URL:https://edohinabe.com/



この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録