同居中の義母が「ダメな嫁だ」って? 私を孤立させた家政婦の一言『三つ子産んだら死にかけました 修羅場育児編』#3

更新日:2022年2月3日 / 公開日:2022年2月3日

子どもがひとりでも育児は想定外の連続で大変なもの。それが三つ子だったら……!?三つ子の長女が母の体験をコミックエッセイ化して大きな話題をよんだ「三つ子産んだら死にかけました」(ぶんか社)より、「修羅場育児編」の試し読みをお届けします。

前回の話はこちら今までの話はこちら

第2話(前編)

(漫画:お肉おいしい『三つ子産んだら死にかけました。修羅場育児編』(ぶんか社)より抜粋/マイナビ子育て編集部)

今までの話はこちら

<関連リンク> →Instagramで胸キュン旋風を巻き起こした、にしみつ(つむママ)さんの「少女漫画風にしてみた」シリーズをイッキ読み!【イッキ読み】あるあるすぎて首がもげそう! 育児の悩み、モチコさんが笑い飛ばします!『ちっちゃいけどモヤるぅ~!育児のあれこれ』大人たちが泣いた! 赤ちゃんと初対面の長男が見せた、尊すぎる反応『主婦の給料、5兆円ほしーー!!!』

電子書籍『三つ子産んだら死にかけました。修羅場育児編』について

出産して大量出血、さらに産後の育児で体に限界がきて入院。 次々と想定外の事態が襲う三つ子育児を、母の体験談をもとに三つ子の長女がコミックエッセイ化! 親世代の育児事情に触れつつ、いつの時代も変わらない育児の心配事や多胎妊娠の現実に読み進める手が止まらなくなる一冊です。

1980年代後半、東北に住む主婦せい子は三つ子を妊娠。出産がハイリスクのため中絶の検討を経て、さまざまな準備をして出産します。それから出産後の大量出血、家族&家政婦総出で子育てをする中で体調を崩して緊急入院など、幾多のトラブルが勃発。本書はその後、三つ子たちが歩くまでに成長してからの育児が描かれた「修羅場育児編」です。 ようやく落ち着いたと思いきや、さらなる三つ子育児の修羅場がせい子を待ち受けていて…‥!?

お肉おいしいさんのプロフィール

飼い猫のきにゃとごとうを愛するオタクの女です。 趣味や仕事で漫画や絵を描いてます。 Twitter @029_umai ブログ http://onikuoic.com/


関連記事



この記事の著者

ログイン・無料会員登録