アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

器とアートの境界を行き来する、静謐なる土の造形。『遠藤 岳展』が開催中

/

目次


ワイス・ワイスは、サステナブル・エシカルをテーマに日本全国の工芸作家・工房の商品など、暮らしの道具を扱うWISE・WISE tools(ワイス・ワイス トゥールス)において、2月10日(木)~20日(日)の11日間、「遠藤 岳展」を開催している。

素材と形への追求から生まれた作品の数々


有機的な質感とミニマルなデザインが融合する遠藤 岳氏の器。素材と形への追求が生みだす、土が器となる瞬間を切りとったかのような作品だ。定番のマグカップやプレートに加え、展示会ならではの作品も観賞できる。


また、同展は、2月10日(木)~28日(月)の期間、オンラインショップでも同時開催している。なお、一部取り扱い作品が異なる。

オンラインショップでの購入に際して


同展の対象商品の購入にあたっては、クレジットカードでの支払いのみとなる。その他の決済方法を選んだ場合、注文はキャンセルとなるためご注意を。また、通常より発送に時間がかかるとのこと。2月20日(日)までの配送日時は指定できない。

陶芸家・遠藤 岳氏


陶芸家の遠藤 岳(ENDO Takashi)氏は、1974年横浜市出身。1996年、神奈川県にて作陶活動を開始。遠藤氏は、「薄く簡潔な造形に多義を込めて、その僅かでも持つ人の琴線に触れ、穏やかな緊張感を伴った静かな対峙ができればと日々励んでおります」と述べている。

WISE・WISE tools

WISE・WISE toolsは、日本の伝統を守りつつ、新しい技術と美意識によって生み出された暮らしの道具を提案。素材感を活かした器などの「食の道具」、空間に彩りを添える「生活の道具」、お洒落を楽しむ「身につける道具」など、個性豊かな作品が並ぶ。工芸品に限らず、作家もの、オリジナル商品の展開、企画展も開催している。

この機会に、「遠藤 岳展」で器とアートの境界を行き来する、静謐なる土の造形を楽しんでみては。

■遠藤 岳展
会場:WISE・WISE tools 東京ミッドタウン店
住所:東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガーデンサイド ガレリア3F

遠藤 岳展URL:https://www.wisewisetools.com/news/20220201_endo
「WISE・WISE tools」オンラインショップ:https://www.wisewisetools.com/

※営業状況が記事の掲載時と異なる場合があります。ご利用時には公式HPなどで最新情報のご確認をお願いします。



この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

michicos
michicos

カテゴリ

公式アカウント

michicos
michicos
ログイン・無料会員登録