アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

いじめを機にママ友が暴走!⇒「子育てを間違えた?」メンタルは限界に…『息子がいじめの加害者に?』#4

/

目次

小学生のパパ&ママも、これから入学を控えたお子さんがいる人にとっても、いじめ問題は大きな心配事。わが子がいじめられるのも心配ですが、もし加害者になってしまったら……!?マンガ家の大原由軌子さんが息子さんのいじめ騒動を描いた『息子がいじめの加害者に?大原さんちの大ピンチ』(文藝春秋)の一部を連載でお届けします。

今までのお話はこちら前回のお話はこちら

いじめ騒動を機に、相手の親からわが子への不満をぶつけられた大原さん。予想外の展開にショックを受けますが、旦那さんは冷静に誰かにメールを送っていて……。

ダンナさんのメールの宛先は?

%ef%bc%94%ef%bc%bf%ef%bc%91

%ef%bc%94%ef%bc%bf%ef%bc%92

%ef%bc%94%ef%bc%bf%ef%bc%93

%ef%bc%94%ef%bc%bf%ef%bc%94

%ef%bc%94%ef%bc%bf%ef%bc%95

%ef%bc%94%ef%bc%bf%ef%bc%96

%ef%bc%94%ef%bc%bf%ef%bc%97

%ef%bc%94%ef%bc%bf%ef%bc%98

%ef%bc%94%ef%bc%bf%ef%bc%99

(漫画:大原由軌子『息子がいじめの加害者に? 大原さんちの大ピンチ』(文藝春秋)より抜粋/マイナビ子育て編集部)

今までのお話はこちら <関連リンク> →【まとめ】ゲームをめぐってママ友との確執が…「小学生のゲーム機トラブル」一気読み近所のおばあさんに息子を連れ去られた話『漫画隣人』イッキ読み!【漫画】夫は総菜が気に入らない。疲れ果てた妻はついに倒れて……『いいから黙って食え!』イッキ読み!

書籍『息子がいじめの加害者に?大原さんちの大ピンチ』について

ある日突然、自分の子どもがいじめの加害者だと言われたら……!?

故郷の佐世保に一家で移り住んだマンガ家の大原由軌子さん。 息子たちも地元の暮らしに溶け込み、ようやく落ち着いてきた矢先、小学生の長男がいじめの加害者だと告発されてしまいます。

被害者の児童の親に謝罪はしたものの、教師に息子を精神異常者扱いされたり、全校児童の前で吊るし上げにあったりと、一家は四面楚歌に。由軌子さんも精神的に追い詰められていきますが、元編集者のダンナさんが調べたところ、相手の親にも不審な点が出てきて……。

ネット上で賛否両論、大論争を巻き起こした話題の電子書籍を単行本化。 息子がいじめ被害者だった前日譚をはじめ、数々のエピソードを追加した増ページ完全版です。

子どもがいじめ加害者と訴えられたとき、親はどう向き合い、どのような対応をとるべきか。リアルなエピソードと対処法が満載の実話マンガです。

大原由軌子さんのプロフィール

1970年生まれ。長崎県佐世保市出身。美術系短大卒業後、グラフィックデザイナーとして14年間、都内に勤務。2006年、パニック障害+神経症持ちの夫との日々を描いた『大原さんちのダンナさんこのごろ少し神経症』(文藝春秋)でデビュー。著書に『お父さんは神経症』、『京都ゲイタン物語』(文藝春秋)、『大原さんちの2才児をあまくみてました』(主婦の友社)、『大原さんちの食う・寝る・ココロ』(集英社)などがある。2012年より「まぐまぐ!」からメールマガジン「大原さんちの九州ダイナミック」を週刊で配信中。


関連記事



この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

michicos
michicos

カテゴリ

公式アカウント

michicos
michicos
ログイン・無料会員登録