読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修】妊娠15週の母体・赤ちゃんの状態と起こり得る症状、生活の注意点とやっておきたいこと

このコラムにありがとう

目次

妊娠15週は、つらかったつわりもだんだんと軽くなってきたと感じるころです。それと同時に、おなかの張りや足の付け根の痛みなど、これまでなかった症状も感じるようになります。今回は、妊娠15週の時期のおなかの赤ちゃんやママの様子、日常生活で気を付けたほうがいいポイントについてご紹介します。

この記事の監修ドクター 藤東クリニック藤東淳也先生 女性のトータルライフをお任せいただけるような診療を目指し、 女性のライフサイクルを応援します。 https://fujito.clinic

妊娠15週の赤ちゃんの状態

488054692

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

胎盤がほぼ完成する妊娠15週になると、胎盤を通しておなかの赤ちゃんに栄養を送り込むようになります。赤ちゃんも栄養をたっぷりもらって、ぐんぐん成長する頃。この頃の赤ちゃんはおなかの中でどのような状態なのでしょうか?

赤ちゃんはどれぐらい育っている?

妊娠15週目の終わりには、おなかの赤ちゃんは頭殿長(座高)が104〜114mm、体重は50〜70gほどに成長します。手のひらにのるりんごくらいの大きさと言われています。

おなかの中で赤ちゃんは、元気に羊水の中で動いています。超音波検査で、おなかの赤ちゃんの様子を見ると、指しゃぶりをしている様子が見られることも。難しい顔やしかめっ面もできるようになります。

薄い皮膚の下には血管が見え、その中には血液が流れています。聴覚も発達を続け、お腹の外の音やママの心臓の音、ママの声などを聞くことができるようになります。

妊娠15週のママの状態

85204914

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠15週は、妊娠4カ月の最後の週。来週からいよいよ、安定期と呼ばれる妊娠中期です。この時期、ママの身体はどのような状態なのかまとめました。

体調の変化について

妊娠15週になると、胎盤がほぼ完成。体内のホルモンの状態も安定してくるので、基礎体温が下がってきます。それまで感じていた熱っぽさやだるさを感じることがなくなるため、体調が楽になると感じる人も多いことでしょう。つわりも、だんだんと落ち着いてくるころ。15週の段階では、まだつわりで苦しくても、妊娠中期に入ると気分がよくなってくることもあります。

また、妊娠初期に頻尿に悩んだ人もいたことでしょう。これは、膀胱が子宮に圧迫されていたためですが、妊娠15週頃になると子宮がおなかのほうに上がってくるために、頻尿が改善されるようになります。

起こり得る症状について

おなかが大きくなってくるに伴い、足の付け根に痛みを感じるようになります。子宮を支える靱帯や子宮広間膜も引っ張られるため、痛みを感じる人もいます。

また、妊娠15週頃まで少量の出血をくりかえす人もいます。安静時には止まり、少し動くと出血するというものですが、時期がくると出血が収まるようになります。このようなタイプの出血が出た場合は、無理せず安静にして過ごすようにしましょう。

子宮口付近に”びらん”や”頸管ポリープ”があった場合、そこから少量の血液が出ることも。妊娠中の子宮はうっ血した状態にあり、組織も軟らかいため出血しやすいのです。妊娠中の出血は比較的多く見られる症状で、心配になる人も多いことでしょう。出血が続く時や、痛みを伴う時には、早めに受診するようにします。

この時期に、足のむくみを感じるママもいるかもしれません。妊娠15週になると、子宮は血管を圧迫するほどの大きさになっているため、足がむくんでしまいがちなのです。「マッサージをする」「寝るときに足首を少し高い位置に置く」などの対処法で乗り切りましょう。塩分が強い食事を摂りすぎると、むくみがさらに悪化するため、食事は薄味を心がけるのもひとつの方法です。

また、おなかの張りを感じる人も出てきます。この時期の張りは生理的なものが多く、少し横になっていると落ち着くことがほとんどです。ただ、安静にしていても張りが収まらなかったり、出血を伴ったり、痛みが徐々に強くなる場合は、おなかの赤ちゃんの状態に変化が生じている可能性も。すぐに医師の診察を受けるようにしましょう。

妊娠15週に気を付けたいこと・やっておきたいこと

641951254

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

体重が増えたり、おりものが増加したりと、これまでとは違う体の変化に戸惑うママも多いはず。ここでは、妊娠15週の時期に気を付けることや、やっておくべき事柄をまとめました。

食生活に注意しよう

妊娠4カ月に入ると、つわりも落ち着いてくるため食欲が回復するママも多いことでしょう。それまでつわりでグッタリだったママの中には、食べられることが嬉しく、食欲にまかせて食べ過ぎてしまう……という人も少なくありません。

ここで注意したいのが、食べ過ぎと体重管理です。しっかりと栄養を摂ることと、規則正しい食生活になることを心がけましょう。運動量が少ないのに「おなかの赤ちゃんの分まで」と食べ過ぎると、たちまち太ってしまいます。

適度に運動しよう

体重管理や気分転換のためにも、体調がいいときには適度に運動をするようにしましょう。ウォーキングやヨガなど自分のペースでできる有酸素運動がおすすめです。血行を促すストレッチもおすすめ。スイミングスクールの中には、マタニティスイミングを開講しているところもあります。体調も良く、医師に相談して問題がないようだったら、挑戦してみてもいいでしょう。

どの運動にも通じることですが、体を動かすのは体調が落ち着いている時に限ります。ちょっとでも体調が悪いと感じたら、無理をすることはやめましょう。運動中に立ちくらみや頭痛、下腹部の痛み・張りなどを感じたら無理をせずに体を休めるようにします。

下着は清潔を心がけよう

ホルモンの変化や代謝が盛んになるため、おりものが増えます。色が乳白色やクリーム色に変化したり、においがなくなったりする人も。妊娠前と比べておりものの量や状態に変化があるため、心配になる人もいるかもしれませんが、自然な現象なので特に問題はありません。ただし、おりものの色が黄色や緑色であったり、においがきつくなってきたり、チーズ状のおりものが出るようになったら感染症の疑いがあります。早めに医師に相談しましょう。

おりものの量が増えてきたら、まめに下着を取り換えるようにします。清潔を心がけることで、感染症の予防にもつながります。

歯科検診を考えよう

妊娠中はむし歯になりやすい、ということを聞いたことはありませんか?妊娠中はつわりやホルモンのバランスの関係からむし歯のほか、さまざまな歯のトラブルになりやすいのです。

かかりやすい歯の疾患は、妊娠初期に始まり出産後によくなることが多い「妊娠性歯肉炎」、歯ぐきの一部が増殖してこぶのようなものを作る「妊娠性エプーリス」など。歯肉炎がひどくなると、歯周病に進行してしまいます。妊娠中に歯周病にかかると、早産のリスクが高まると言われているため、体調がよければぜひ歯科検診を受けておきましょう。

安定期に入る16週からは、さらに体調が落ち着いてきます。妊娠後期になり、おなかが大きくなってくると、診察時の姿勢がきつく感じられるようになるので、妊娠中期のうちに検診を受けるのがおすすめです。受診の際は、母子手帳を提示するのを忘れずに。産婦人科医から注意を受けていることは、必ず担当歯科医師に伝えましょう。体調・気分が悪くなった時はすぐに伝えるようにします。

体調がよくても無理は禁物!

来週からいよいよ安定期と言われる妊娠中期。妊娠中期に入ると、長時間の外出や旅行もできるようになりますが、やはり大事なのはママの体調やおなかの赤ちゃんの状態です。流産の可能性が低くなる安定期だから安心、と過信せずに、体調第一でお出かけや旅行を計画しましょう。少しでも様子がおかしいと思ったら、「約束したから」「今しか行けないから」という思いをとどめ、母体と胎児を優先して行動したいものです。

妊娠15週以降にできる胎児ドックについて

680801163

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

胎児の病気を出生前に確認できる胎児ドックを検討している人もいるのではないでしょうか。妊娠15週からできる胎児ドック「クアトロテスト」や、19週頃からできる「胎児超音波スクリーニング」について紹介します。

胎児ドックとは

おなかの赤ちゃんの健康状態や発育状況、先天異常などを確認することができるのが「胎児ドック」。妊娠の時期によって受けることができる検査は異なります。

妊娠15週にできるクアトロテストについて

妊娠15週からできる「クアトロテスト」とは、ママから少量の血液を採取し、胎児や胎盤から出てくる4つの成分(AFP, hCG, uE3, Inhibin A)を測定する検査です。4つの成分の値に、ママの年齢や妊娠週数、日本人の基準値などをプラスし、おなかの赤ちゃんが、ダウン症候群、18トリソミー、開放性神経管奇形である確率を算出します。

妊娠15週以降にできるその他の検査

産まれた赤ちゃんの約2%に、何らかの構築異常がみられるといわれています。生まれる前に病気を発見することができれば、病気を持つ赤ちゃんの出産に適した分娩施設を選ぶこともできます。また、適切な分娩の時期や方法も決めることができるのです。

妊娠19〜26週ごろに受けることができる「妊娠中期検査(胎児超音波スクリーニング)」は、おなかの赤ちゃんに病気がないかテストする検査です。胎児心臓についても詳しく調べます。

妊娠28〜32週ごろに受けることができる「妊娠後期検査(胎児超音波スクリーニング)」は、おなかの赤ちゃんの発育の具合や健康状態を中心に、赤ちゃんに病気がないかどうかについて調べる検査です。

事前の検査において、染色体異常の可能性が高いという判断がされた場合、「羊水検査」を行うこともあります。これはママのお腹の上から穿刺(せんし)し、子宮の中から羊水を採取する方法。妊娠16〜18週に行います。

まとめ

来週から安定期に突入!「安定期に入ったら、皆に妊娠の報告を」と考える人にとっては、周囲への妊娠報告に今からドキドキしていることでしょう。おなかのふくらみも目立つようになるので、まわりから気遣われることも増えてくるかもしれませんね。周囲からのサポートも受けつつ、妊娠4か月のラストウィークを乗り切ってくださいね。


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て

更新日:2017年3月8日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録