大好評につき重版5刷出来!小鳥専門医による初の文鳥本『文鳥のヒミツ』が発売中

更新日:2022年3月8日 / 公開日:2022年3月8日


グラフィック社から昨年3月より発売中の書籍『文鳥のヒミツ』(著:横浜小鳥の病院院長・海老沢和荘氏)が、発売1年で5回目の重版となった。

文鳥のかわいさのヒミツを解説


ペットとして根強い人気を誇る文鳥。Instagramでは“#文鳥”の投稿が104万件を超えるなど、SNSなどでもかわいい文鳥の姿に注目が集まっている。


『文鳥のヒミツ』1,650円(税込)は、そんな文鳥のかわいさのヒミツを生物学の目線でわかりやすく解説した書籍だ。

文鳥イラストにも注目!


同書では、発情や小鳥専門医推奨のごはん・ペレットの紹介など、健康で長生きに育てる飼育情報が満載!すでに文鳥の飼育書を持っている飼い主も新鮮に読める最新情報を、たっぷりと詰め込んでいる。

自身も文鳥を飼うイラストレーター、タカヒロコさんのたまらない文鳥イラストも必見だ。

著者プロフィール

著者の海老沢和荘(エビサワ・カズマサ)氏は、横浜小鳥の病院院長。鳥専門病院での臨床研修を経て、1997年にインコ・オウム・フィンチの専門病院を開院。鳥類臨床研究会顧問、日本獣医エキゾチック動物学会、日本獣医学会、Association of Avian Veterinarians所属。著書に『鳥のお医者さんのためになるつぶやき集』『文鳥のヒミツ』(グラフィック社)などがある。

小鳥専門医による、初の文鳥本『文鳥のヒミツ』を読んで、文鳥のことをもっと深く知ってみては。

グラフィック社公式サイト:http://www.graphicsha.co.jp/detail.html?p=43804



この記事の著者

ログイン・無料会員登録