インド発『ブルートーカイ コーヒー』が、日本限定ブレンド「茜」「藍」「菫」を発売

更新日:2022年4月1日 / 公開日:2022年4月1日


インド発のスペシャルティコーヒーブランド「ブルートーカイ コーヒー」が、初めての海外進出国である日本において、4月1日(金)より、3種類の日本限定ブレンド「JAPAN BLEND」を発売した。

焙煎度の異なる3種類のブレンドを用意


「JAPAN BLEND」は、個性豊かなインド産コーヒーのみを使用しており、中煎り、中深煎り、深煎りの焙煎度ごとに、それぞれ「茜(あかね)」「藍(あい)」「菫(すみれ)」という3種類のブレンドを用意。

商品名に植物由来の日本の伝統色を用いることで、シェードツリーを使ったコーヒー栽培が特徴的なインド産コーヒーのナチュラルでオーガニックなイメージを表現した。

また、フルーティな味わいを表現した「茜」、ブルートーカイのブルーをイメージした定番の「藍」、深煎りコーヒーならではの重みを表現した「菫」と、それぞれのコンセプトを色で表現している。

明るい朝に華やかな気分を味わえるコーヒー


中煎りの「JAPAN BLEND 茜」は、明るい朝に華やかな気分になれる、軽やかでフルーティなコーヒーをイメージして仕上げたブレンド。

ライチやマスカットを思わせる瑞々しいフレーバーと、ツルッとした質感が特徴的だ。

いつでも落ち着ける定番の一杯


中深煎りの「JAPAN BLEND 藍」は、酸味と苦味が心地良く調和した定番のブレンドで、寛ぎと安らぎの一杯をもたらす商品。

カシスやラズベリーを思わせるフルーティな風味が、しっかりとした口あたりの中に、ジューシーな印象を与える。

ビターチョコレートのような大人の味わい


深煎りの「JAPAN BLEND 菫」は、ビターチョコレートのような香りを放つ、ブラックでも、ミルクと合わせてもおいしいコーヒー。

重厚感のある甘味と質感の大人の味わいが特徴的で、ずっしりとした口あたりが大きな満足感を与える。

コーヒーカードにはアート作品が

商品の価格は、いずれも200g/¥1,020(税込)、500g/¥2,300(税込)、1000g/¥4,200(税込)。

同封されるコーヒーカードには、インドの伝統技法を用いたアート作品が描かれ、焙煎度順に3枚並べると、動物や植物がのびのびと生きる大自然の中でコーヒーを生産している、インドの生産地を思わせる絵になる。

さらに、コーヒーカードのQRコードからは、それぞれの商品ページにアクセスし、コーヒーに関するより詳しい情報を確認することができる。

インド産コーヒーの魅力が詰まった「ブルートーカイ コーヒー」の日本限定ブレンドを、いち早く味わってみては。

ブルートーカイ コーヒー公式サイト:https://www.bluetokaicoffee.jp/



この記事の著者

ログイン・無料会員登録