JCLI⽇本語学校が⽇本のマンガ家・アニメ作家100⼈のオリジナル⾊紙で留学生を応援!

更新日:2022年4月2日 / 公開日:2022年4月2日


明光ネットワークジャパングループ・JCLI⽇本語学校は、『FAN x FUN !Japan-まってるよ!留学生-』のイベントを、4月7日(木)14:00~14:30に同校にて開催。新型コロナウイルスの影響で⼊国できない留学⽣へ向け、⽇本の著名なマンガ家・アニメ作家100⼈のオリジナル⾊紙で応援メッセージを送る。

入国できない留学生たちへエールを

新型コロナウイルスによる影響で入国できない留学生は現在約15万人と言われ、水際対策が緩和された今も入国できない学生が大勢いる。また、留学先を別の国に変更する学生も後を絶たず、「日本ブランド」そのものの低下も危ぶまれている。


同校は、入国を待ち続けている留学生たちに何かできることはないか、応援の気持ちを伝える方法はないかと考え、今回のイベントを企画。はじめはごくわずかなクリエイターへのお願いから始めた企画だったが、共鳴した作家たちの口コミで活動の輪が広がり、最終的に100人を超えるクリエイターが参加することとなった。

同校の入学式の一環として実施

イベントは、2年ぶりに行われる同校の入学式の一環として行い、100人を超える漫画家・アニメ作家のオリジナルイラストと応援メッセージを新入生に贈り、校内に展示。入国待ちの学生はオンラインで参加し、メッセージは同校ホームページの特設サイトで閲覧できる。また、一般向け展示公開も夏以降に予定されている。

当日は、来賓としてまんが家・日本漫画家協会常務理事の赤松健氏 、まんが家・マルチタレントの一本木蛮氏、まんが家・大手前大学教授の倉田よしみ氏、まんが家・お笑いタレント・気象予報士の矢部太郎氏などが名を連ねる。祝辞は、『あしたのジョー』などで知られるまんが家のちばてつや氏と、作家・演出家の鴻上尚史氏が行う。

多くのクリエイターが参加

参加クリエイターは、稲垣理一郎、うめ(小沢高広・妹尾朝子)、大石浩二、大河原邦男、かわぐちかいじ、久住昌之、里中満智子、清野とおる、竹田悠介、竹田逸子、tupera tupera、西義之、美樹本晴彦、村上もとか、森本晃司ほか(50音順 敬称略)。

動画も公開されているので、チェックしてみて。

動画はこちら:https://youtu.be/D49x8tc45cg

■JCLI日本語学校
住所:東京都北区豊島8-4-1



この記事の著者

ログイン・無料会員登録