アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

「NIPPONAIRE」から、コミュニケーションツールとして考えられた変形テーブルが登場

/

目次


関家具が展開する、日本製にこだわったオリジナル家具のブランド「NIPPONAIRE(ニッポネア)」から、コミュニケーションツールとして考えられた変形のダイニングテーブル「FREIRE(フレイレ)」が登場した。

対面でのコミュニケーションをスムーズに

近年、コロナ禍によって、対面でのコミュニケーションのハードルが高くなっている。


そんな中、貴重ともいえる機会をよりスムーズに行えるように設計されたテーブルが、今回発売の「フレイレ」だ。

サイズは2タイプ、素材はウォールナットとホワイトオーク、脚は無垢材とスチール、塗装もオイル塗装とウレタン塗装から選択することができる。

オフィスでも自宅でも使える


スチール脚を選ぶと、モダンな空間にマッチし、オフィスでの商談や打ち合わせのスペースにもオススメ。ダイニングチェアはもちろん、オフィスチェアとも相性よく馴染む。


また、木脚タイプは、よりナチュラルな雰囲気を演出。短辺を壁付けすることで、意外なほどコンパクトに使える。

真正面から向かい合う緊張感を和らげる


一際目をひく、変わったカタチのテーブルのデザインソースは、ヨーロッパに古くからある学校のモニュメントがベース。

四角でも丸でもない、見たことがないカタチは、どの辺も平行になっていない。これにより、座って使う人の目線が少しずつずれ、相手と真正面から向かい合う緊張感を和らげる。

「フレイレ」の価格やサイズについては、商品ページにて確認を。

いびつな形のテーブルが生み出す、柔和なコミュニケーションを楽しんでみては。

商品ページ:https://tabroom.jp/table/dining-table/itm0058863/
NIPPONAIRE公式サイト:https://nipponaire.jp/



この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録