アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

日本煙火芸術協会60周年記念!「大曲の花火 -春の章-」3年ぶりの開催

/

目次


大曲商工会議所・大仙市(秋田県)は、4月30日(土)に「大曲の花火 -春の章-」を開催する。

日本煙火芸術協会60周年の今年は、内閣総理大臣賞など受賞の29社と地元業者4社が集結。“百花繚乱”花火ショーが繰り広げられる。

日本三大花火大会のひとつ「大曲の花火」


秋田県大仙市で開催される全国花火競技大会は、通称「大曲の花火」と呼ばれ、茨城県の土浦全国花火競技大会・新潟県の長岡まつり大花火大会とともに、日本三大花火大会のひとつに数えられている。

「四季の花火」として季節ごとに異なるテーマで花火の魅力が発信されており、「大曲の花火 -春の章-」では世界の国際色豊かな花火と、日本の伝統技術の粋を集めた花火が打ち上げられている。


2020年から新型コロナウイルス感染症の影響により中止を余儀なくされていたため、今回は3年ぶりの開催。大玉割物、創造花火、音楽付ワイドスターマインなど、約8000発が打ち上げられるそう。

また、世界最先端の打ち上げテクノロジーと高度な技術が必要とされる多重芯(たじゅうしん)花火や時差式花火など、日本の「芸術花火」の未来が見れるとのこと。

個人向けの観覧席券販売について


インターネット申し込みはすでに申込期間が終了しているが、大曲商工会議所窓口での申し込みは4月28日(木)まで可能だ。また、開催当日に、観覧会場各入場口で当日券が販売される。

料金は、パイプイス席1名5,500円(税込)、テーブル付イス席(4名まで)1セット24,200円(税込)。なお、観覧会場内有料の一般駐車場は1台2,200円(税込)。必要な場合は、観覧席券購入と同時に駐車券の購入を忘れずに。

マスク着用などのコロナウイルス感染症対策を徹底した上で、3年ぶりに開催される「大曲の花火-春の章-」に注目だ。

■開催概要
名称:大曲の花火 -春の章-「世界の花火 日本の花火」 (一社)日本煙火芸術協会60周年記念事業花火
日程:4月30日(土) ※荒天の場合は、5月1日(日)、2日(月)、3日(火)のいずれかに延期
時間:19:00~20:30(開場16:00予定)
場所:秋田県大仙市大曲雄物川河畔 「大曲の花火」公園
会議所窓口申込:4月28日(木)までの土日・祝日を除く9:00~17:00に、マスク着用の上で大曲商工会議所(秋田県大仙市大曲通町1-13)窓口へ。申込書が用意されているので、観覧席券はその場で現金と引き換え。申込書記入時、一緒に来場する人の氏名、住所、電話番号が必要なので注意を。



この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録