文喫 六本木にて、『コピー年鑑2021』発刊イベント「ことバー at 文喫」がオープン

更新日:2022年4月27日 / 公開日:2022年4月27日


東京コピーライターズクラブ(TCC)は、文喫 六本木にて、『コピー年鑑2021』発刊イベント「ことバー at 文喫」をオープン。

様々なコピーに酔える素敵なBAR空間

TCC年鑑60年ぶんのコピーを味わうバー“ことバー”では、1963年から毎年、広告コピーを審査し収録してきた「コピー年鑑」を展示している。さらに、実際に手に取ってじっくり読むことができる、貴重な体験を提供。

店内はアートディレクター浜辺明弘氏の手によって、様々なコピーに酔える素敵なBAR空間を演出、各界著名人やコピーライターたちが拾い集めた「2021年の言葉たち」も同時に展示。

また、2021年度の広告コピー最優秀賞であるTCCグランプリを受賞した福部明浩氏の他に高崎卓馬氏、東畑幸多氏、 尾上永晃氏と、言葉を生業とする4人の著名人によるトークイベントも実施予定だ。

多種多様なコピーの入ったコースターも

「2021年の言葉たち」は、『コピー年鑑2021』の特集ページから、2020~2021年の自分に刺さったことばを店内で紹介。ことばの採集を依頼したのは、作家、学者、編集者、芸人やオリンピアンなど各界著名人、そしてコピーライターたちだ。

また、多種多様なコピーの入ったコースターをカフェ利用の人には提供する。店内では自分で好きなコピーを選んで制作できる缶バッジやマッチなどのアイテムも用意。

合計4回実施予定のトークイベント

会期中、リアル+オンライントークイベントを合計4回実施予定だ。TCC会員からは、福部明浩氏、高崎卓馬氏、東畑幸多氏、尾上永晃氏がそれぞれ登壇し、言葉やコミュニケーションを生業とする人々と語り合ってもらう。申し込みはPeatixにて(申込者限定で1か月間のアーカイブ視聴あり)。

トークイベントの日程は、「深井龍之介氏×福部明浩氏」が4月29日(金)、「中島岳志氏×尾上永晃氏」が5月20日(金)、「内田也哉子氏×高崎卓馬氏」5月26日(木)。また、東畑幸多氏は現在、調整中となっている。

参加視聴の申込は文喫Peatixより順次受付中だ。

ことばを喫する。ことばに酔う。期間限定イベント「ことバー at 文喫」へ足を運んでみては。

■ことバー at 文喫
会期:4月27日(水)~5月26日(木) 9時~20時
会場:文喫 六本木
住所:東京都港区六本木6-1-20 六本木電気ビル1F
観覧料:無料(一部有料スペースがあり)
店休日:不定休

東京コピーライターズクラブ公式サイト:https://www.tcc.gr.jp/
深井龍之介氏×福部明浩氏/ことバー TALK EVENT vol.1 詳細・申込:https://peatix.com/event/3228299



この記事の著者

ログイン・無料会員登録