アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

「ALLU表参道店」から世界へ!サステナブルを体験するリユースイベント開催中

/

目次


ハイブランドの希少アイテムや、タイムレスな価値を持つ一点物のヴィンテージ品などを取り揃えるリユースショップ「ALLU(アリュー)表参道店」が、4月22日(金)の「アースデイ」を皮切りに、地球環境について考え、行動するための新たな情報発信やイベントをスタートした。

一品一品のアイテムが持つ価値の語り手

「ALLU」は、今年2月5日(土)、東京・表参道に国内3店舗目となる旗艦店「ALLU表参道店」をオープン。

そして、これを機に「ALLU」では、“物を、物語に。”というコンセプトのもと、中古ブランド品を売る単なるモノの売り手ではなく、モノの価値を次世代に語り繋ぎ、一品一品のアイテムが持つ価値の語り手となる「BRAND STORYTELLER」へと生まれ変わった。

モノに再び価値を与える「Renews」

「ALLU」では、従来の「Reuse(リユース)」ではなく、モノに再び価値を与え、新しい循環型社会を切り拓くための事業活動を「Renews(リニュース):再び新しくする」と定義。

それを実現するために始動した新たな取組が「ALLU RENEWS PPROJECT」だ。


同プロジェクトでは、表参道店の店内に並ぶ製品のタグに、その製品のリユースによる環境負荷削減貢献量を算出して記載。リユース製品の購入において期待できる環境負荷削減貢献量を、二酸化炭素の排出削減貢献量や水の使用削減貢献量の表示によって確認することができる。

そして、この取組をより多くの人に知ってもらうために、表参道店での1カ月の販売を通じてどれだけの環境負荷削減に貢献できたかを「ALLU」Official Instagramで毎月発表していく予定だ。

ブランドロゴや店舗サインも刷新


さらに、表参道店のオープンを機に、「ALLU」はブランドロゴや店舗サイン、販促物などのマテリアルを刷新。

新たに作成したショップカードやショッピングバッグ、タグなどには、FSC認証紙(※)を使用し、適切に管理された森林の木材を原料にした紙資源を用いることで、環境への取組を目に見える形で実行している。

人気モデルのリユースイベント開催


また、4月29日(金・祝)~5月14日(土)の期間、表参道店3階の特別フロアにて、人気モデル・高山都さんのリユースイベント「MIYAKO TAKAYAMA COLLECT SHOP」を開催。

高山さんが大切にしてきたアイテムの委託販売を店舗・ECにて行うほか、「ALLU」商品の中から高山さんが選んだアイテムが販売され、期間内に本人が来店しての接客イベントも予定している。

この機会に「ALLU表参道店」へ足を運んでみては。



この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録