アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

回収ビーズから作られたサステナブルなサーフボード登場!サーフムービーが渋谷で公開

/

目次


KNOWNIZE(ノウナイズ)は、同社が運営するブランド「KNOWNIZE」にて、ビーズクッションを販売するタキコウ縫製社と共に、ユーザーから回収し、へたったビーズから作るサーフボードビジネスに参入していくことを発表した。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    

回収ビーズで作るサーフボードの素材

「KNOWNIZE」は、モノづくりの背景にあるストーリー、生産者の想いを消費者に届けることで、新たな価値や購買体験を生み出していくことをコンセプトとし、日本の製造業が抱える様々な問題に対し、持続可能なビジネスを展開していくブランド。

同ブランドが提携しているビーズクッションメーカーのタキコウ縫製社は、2021年よりへたって使えなくなったビーズをユーザーから回収し、再利用によって新しいものを生み出していく取り組み「SDBs」を進めてきた。


その回収ビーズで作るサーフボードの原料となる素材であるブランクスを、タキコウ縫製社が、2022年に開発。ブランクス名は、「HANALOLO BLANKS」という。

「KNOWNIZE」は、その活動に賛同し、最初の正規代理店として今後ブランクス「HANALOLO BLANKS」を様々なビジネスで活用できるよう取り組んでいこうと考えているという。現在サーフボードの販売は未定。より性能を高められるよう試作段階だという。

「HANALOLO BLANKS」のサーフボードを使用したサーフムービー


この取り組みのPRの一環として、4月29日(金)から1ヶ月間に渡り渋谷・MIYASHITA PARKにて開催される、海の環境保全をテーマにしたサステナブルに特化したイベント「Sustainable Quick Stand」に参加。海岸で拾った発泡スチロ ールと回収ビーズを使用した、「HANALOLO BLANKS」で製作したサーフボードで世界を転戦するプロサーファー森友二氏のインタビューサーフ動画を特別放映している。

20代の彼らしい海や環境保全に対する思いとともに、サステナブルってなんだろうと感じている人にも見やすい動画だ。同作品の監督は、「KNOWNIZE」の取締役でプロサーファー兼クリエイティブディレクターの湯川正人氏が務めている。なお、同作品は、RAYARD MIYASHITA PARK south 2Fで展開中だ。

この機会に、サステナブルなサーフボードの動画を観てみては。

「KNOWNIZE」公式サイト:https://knownize.com/
「KNOWNIZE」公式Instagram:https://www.instagram.com/knownize/



この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録