心にジーンとくる最長10分の映像作品を厳選した動画サイト「ジーンシアター」オープン

更新日:2022年5月17日 / 公開日:2022年5月17日


“映像とVRで世の中を、もっともっと面白くする”をビジョンとしているジーンハートは、心にジーンとくる最長10分の映像作品だけを厳選した動画配信サイト「GeneTheater(ジーンシアター)」を5月16日(月)にオープンした。

⼼にジーンとくる作品に巡り会える

「ジーンシアター」は、“感動を提供して、心に一滴の潤いを”をコンセプトに、心の疲れている人を癒して元気にすること、合わせて映像作家の夢をアシストしPRすることをミッションにスタートした。

ネット時代の今、世の中には膨⼤な数の映像作品があるが、その中から“⼼にジーンとくる作品”に巡り合うことは容易ではない。あまりにも数が多いことに加え、不快な動画がおすすめに表⽰されることもある。また、良い作品だからといって視聴回数が多いとも限らず、世の中には⽇の光に当たらない作品が極めて多いことも分かったという。

そんな課題を解決するために、「ジーンシアター」は“⼼にジーンとくる作品”だけを厳選して配信し、素晴らしい作品を制作する映像作家をアシストしていく。

CMなし&全作品無料で見放題


同サイトの特徴は、何といっても“ジーンとくる”こと。視聴者に、感動、癒し、元気、ドキドキ、スカッと、笑い、懐かしさのいずれかの感情を沸き⽴たせる映像作品を厳選している。独自の審査で心にジーンとくる映像作品を選んでおり、過剰表現や強いメッセージ性のある不快な動画は配信しない。

映像は、最長でも「10分59秒以内」の作品のみ、満足度の高い短編動画に絞って配信。また、作品に没入してもらうために、動画の前後途中にCMがないのもポイントだ。

さらに、全作品が無料で見放題。会員登録料も不要なので、気軽に快適に楽しむことができる。

オープン時の掲載作品は88作品で、毎月20〜30作品を追加予定だ。掲載映像作家は51人からスタートし、毎月10〜15人追加予定。

有望な映像作家を発掘

また、サイト内に映像作家紹介ページを設置し、企業やテレビ局などへの売り込みも同社が行う。映像作家にとっても快適なサイトであることを大切にしている。

作品を掲載している映像作家は、第⼀線で活躍しているプロから学⽣まで様々。CMやPR動画は質の⾼いドラマ仕⽴てやMV⾵に仕上げることで視聴者の印象に残り、企業や商品への好感度アップが期待できる。テレビドラマでも新しい才能の起⽤により、従来とは違ったスタイルの展開、幅広い表現が可能に。それを実現する映像作家を「ジーンシアター」で⾒つけることができる。

「ジーンシアター」で、“⼼にジーンとくる作品”を鑑賞してみては。

ジーンシアターHP:https://genetheater.jp



この記事の著者

ログイン・無料会員登録