現代美術作家アリカワコウヘイ!の大規模展示がザ・リッツ・カールトン沖縄で開催中

更新日:2022年5月23日 / 公開日:2022年5月23日


現代美術作家アリカワコウヘイ!の大規模アートコラボレーション「ザ・リッツ・カールトン沖縄 10周年記念特別展 THE ART EXPERIENCE COLLABORATION WITH KO-HEY! ARIKAWA」が、沖縄県名護市のホテル、ザ・リッツ・カールトン沖縄で5月31日(火)まで開催中だ。

エリアテーマ別に全24作品を展示


同展は、ザ・リッツ・カールトン沖縄が5月28日(土)に開業10周年を迎えるのを記念したもの。


ホテル館内ではロビー、ラウンジ、レストラン、ダイニング、ライブラリー、スパ、ブティックなど、7つのエリアに、それぞれテーマを分けて全24作品が展示されている。


手にマップを携え、ザ・リッツ・カールトン沖縄の館内で美術館のような体験を愉しめるという趣向だ。



航空会社、銀行、テレビなどの企業や公共団体など、今までに数々のコラボレーションを手掛けてきたアリカワコウヘイ!だが、ホテルとのコラボレーションは今回が初となる。

約3メートルを超える大型作品も


一番の見どころは、ホテルのメインエントランスに設置された高さ約4メートル、幅約3メートルを超える大型作品だ。

実に2年の歳月をかけて、アリカワコウヘイ!により描かれた作品「迎恩(ケイオン)- 果報(カフウ)流るる黄金(クガニ)ぬ川 -」は、沖縄のことばで「黄金(おうごん)、大切なもの、特別なもの」を意味する黄金(クガニ)の川によって悲しみや不安がすべて洗い流され、力強く自生する花々のようにまた幸福感で満たされていくというイメージが表現された、今こそ強く求められるメッセージ性を感じさせる作品。黄金の心を世界中の人に届けるイメージで制作したという。

メインエントランスの大型作品の制作がスタートした2年前は、コロナ禍の不安に世間が包まれ始めたタイミング。しかし、それから2年。不穏なニュースが報じられることが増える中で、この作品を鑑賞した人が心に明るい希望を感じ、明日からの活力を満たしてくれればと同展担当者は語った。

沖縄県内の児童養護施設等に寄付


さらに、今回館内に展示されているアート作品は、すべて購入が可能。売上の一部は、ザ・リッツ・カールトンホテルカンパニーL.L.C.が継続的に行っている地域社会貢献活動「コミュニティーフットプリント」の一環として、沖縄県内の児童養護施設等に寄付される。

「食」で表現する一夜限りのイベントも



去る5月14日(土)には、アリカワコウヘイ!のアート作品をホテルの総料理長であるマルチェッロ・メレウが「食」で表現する一夜限りのワイン&アートディナーも開催された。

同展示作品は、宿泊者以外も鑑賞可能で、入場は無料だ。

「ザ・リッツ・カールトン沖縄 10周年記念特別展 THE ART EXPERIENCE COLLABORATION WITH KO-HEY! ARIKAWA」で、ラクジュアリーなホテルの空間を気鋭の現代美術作家アリカワコウヘイ!が彩る荘厳な世界観を体験してみては。

■ザ・リッツ・カールトン沖縄
住所:沖縄県名護市喜瀬1343-1



この記事の著者

ログイン・無料会員登録