アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

北海道余市町は、余市町産のワインをPRする大使に『髭男爵・ひぐち君』を任命

/

目次


北海道余市町は、5月25日(水)に芸能界屈指の日本ワイン好きタレントの『髭男爵・ひぐち君』を余市町で生産されたぶどうやワインを応援する【余市町ワイン大使】に任命した。

『髭男爵・ひぐち君』が余市町ワイン大使に


余市町は、全国トップクラスの生産量を誇るワインぶどう産地という優位性と、余市町で醸造されるワインが持つ品質の力を活かし『ワインの銘醸地』としてのポジションを築くべく、さらなる魅力発信・イメージアップを目的とした【余市町ワイン大使】を創設した。

今回、サンミュージック所属の芸人『髭男爵・ひぐち君』を大使に任命し、日本全国へワインを通じた広報活動に力を貸してもらうという。

同氏は、自身の漫才スタイルからワインに興味を持ち、2015年にソムリエと同程度の資格であるワインエキスパート試験に合格。2020年には、日本ワインの普及発展に貢献した方に授与される日本ソムリエ協会の『ソムリエ・ドヌール(名誉ソムリエ)』に就任。実際に日本全国のワイン産地を訪れるなど、ワインの原料となるぶどうの栽培にも着目し、日本ワイン全体の魅力向上に向けた情報発信を行っている。

『髭男爵・ひぐち君』のコメント


同氏は、「余市町はいまや日本全国のワインラバーが注目する【日本ワインの聖地】だと思います。実際に自分が日本ワインに興味を抱くきっかけになったのは余市町のワイナリーのワインでした。今回このようなご縁をいただき、ワインのみならずその原料となるぶどうの生産過程から密着して、一人でも多くの方に余市町のワインを楽しんでいただけるよう精一杯その魅力をお伝えしていきたいと思います!」とコメントしている。

余市町長齊藤啓輔氏のコメント


余市町長の齊藤啓輔氏は、「今回市町村としては初となるワイン大使(※1)を、芸能界屈指の日本ワイン好きであるひぐち君に引き受けていただき大変うれしく思っております。余市町で生産されるワインやぶどうのポテンシャルの高さは、まだまだ一部の層にしか浸透していませんが、実際にひぐち君には余市町へお越しいただき、感じた余市町のテロワール(※2)を多くの方々に発信していただきたいと考えています。」とコメントした。

余市町産のワイン共に、余市町ワイン大使『髭男爵・ひぐち君』の活躍にも注目してみては。

※1:余市町役場調べ
※2:もともとはフランス語で「土地」を意味するterreより派生した言葉で、生育地の地理、土壌、気候等の特徴を示し、ぶどう畑を取り巻く全ての自然環境のこと



この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

michicos
michicos

カテゴリ

公式アカウント

michicos
michicos
ログイン・無料会員登録