野菜がぎゅっと詰まったプラントベースフード「VINCE」がクラファンにて先行販売中!

更新日:2022年6月9日 / 公開日:2022年6月9日


ニュージーランドを得意とする編集プロダクション「オセアニア メディア クリエーションズ」が、ニュージーランド発・日本初上陸の加工食品「VINCE(ビンス)」を、5月26日(木)〜6月30日(木)の期間、クラウドファンディングサイトのCAMPFIREにて先行販売中だ。

世界でも注目のプラントベースフード


「VINCE」は、ニュージーランド産の数種類の野菜とピーナッツが入った加工食品。植物性の食材をメインに作られた、世界でも注目されているプラントベースフードで、ヴィーガンの人はもちろん、野菜不足の人やアウトドアにもおすすめの商品だ。

見た目はグラノーラのようで、ハーブや香辛料でしっかりと味付け調理された500グラム分の野菜が1袋に乾燥した状態で入っている。

お湯で戻すだけ&約1年の長期保存が可能

同商品は、お湯で4分戻すだけででき上がるので、野菜を刻んだり、煮たりする手間が減る上に、栄養もとれて便利。お湯で戻した後はそのまま食べても、好みでアレンジすることもできる。

また、乾燥している状態のままなら、常温で製造日から約1年の長期保存が可能。1袋で350グラムの「VINCE」ができるので、1人なら約4食分、4人家族なら家族全員の約1食分になる。

ひき肉の代用としても使える

さらに「VINCE」はひき肉の代用としても使えて、ヘルシーな食事をしたい人にもぴったり。


生の牛ひき肉100g(※1)と比較すると、エネルギー、


脂質、


飽和脂肪酸いずれも、湯戻し後100gの「VINCE」各種の方が低い値が出ている。

そのほか、「VINCE」はニュージーランドでさまざまなフードアワードを受賞しており、ニュージーランド国内で信頼のできる商品として認知されているのも特徴だ。

3種類のフレーバーを用意


フレーバーは『CLASSIC KIWI(クラシック キウイ※2)』、


『ITALIAN(イタリアン)』、


『MEXICAN(メキシカン)』の3種類を用意。オムレツの具にしたり、パスタにあえたりタコライスの具にしたりと、さまざまなアレンジで調理しよう。

なお同商品は、8月よりWEBサイトにて一般販売も予定している。

野菜がぎゅっと詰まったプラントベースフード「VINCE」を、いち早く試してみては。

CAMPFIRE:https://camp-fire.jp
プロジェクト名:野菜がギュッと詰まった、からだに優しいフード 「VINCE」をNZから輸入したい

※1「日本食品標準成分表2020年度(八訂)」参照
※2キウイフルーツは入っていません



この記事の著者

ログイン・無料会員登録