さかなファン受検者の要望に応え「日本さかな検定」が11/13(日)に一斉開催!

更新日:2022年7月21日 / 公開日:2022年7月21日


日本さかな検定協会が開催する、日本初の一般向けの魚介の知識を問う検定として2010年に誕生した「日本さかな検定(愛称:ととけん)」。

同検定は、全国各地の豊かな魚食文化やおいしい食べ方など、日本人の心と体を育んできた魚食の魅力を、検定を通じて再発見することで、魚との“うまい”出合いを応援する取り組みだ。

これまで全国26か所で会場検定が開催されてきたが、コロナ禍のなか2021年10月・第12回日本さかな検定FINALをもって会場検定の開催を閉幕。今回、3万人超の全国のさかなファン受検者の要望にこたえ、装い新たに「オンライン検定」として、11月13日(日)に「2022年日本さかな検定」が開催される。

受験資格をチェック

現在「日本さかな検定」公式サイトにて「本番演習模擬問題」を公開、 ワンクリック、ワンタッチで簡単回答を実感できる。「2022年日本さかな検定」は「オンライン検定」のほか、全国唯一の会場検定として大分県佐伯(さいき)市が2021年に引き続き開催誘致。初級の3級、中級の2級、上級の1級の受検級別に、各100問4者択一方式で全国同日一斉開催となる。

3級・2級は、魚に関心を寄せる人なら、いずれの級からでも受検可能。年齢・経験など制限は無く、3級と2級の併願も可能だ。1級は「日本さかな検定」2級合格者に限り、申込には2級合格認定番号が必要となる。

合格ラインは、3級が全100問中60問以上の正答者。2級は、全100問中70問以上の正答者。1級は、全100問中80問以上の正答者。なお、1級受検者で79問から70問までの正答者は準1級に認定され、3級は受検者の70%、2級は受検者の50%以上に合格者が満たない場合は、合格基準を引き下げられる。

合格発表は、12月上旬に専用ページにて行われる。合格者には合格認定証が送付され、希望者には有料で認定カード、認定名刺を用意するとのこと。検定の申し込みは、「2022年日本さかな検定」公式サイトにて。

「日本さかな検定」公式ガイドブック


同検定の公式ガイドブックとして発売中の「からだにおいしい魚の便利帳 全国お魚マップ&万能レシピ」1,430円(税込)は、3級・2級・1級に対応している。


「からだにおいしい魚の便利帳」1,540円(税込)は、2級・1級に対応している。


「2022年版ととけん副読本」2,500円(税込)は、eラーニング形式の電子版で販売される。模擬出題70問にチャレンジできるほか、解説から見えてくる古今東西のさかな事情、津々浦々のさかな物語が掲載されている。

各書は、書店では販売されず、8月10日(水)より日本さかな検定公式サイトにて予約受付が開始され、8月22日(月)より専用オンラインショップで発売される。

魚介の知識や魅力を、検定を通じて確認!「2022年日本さかな検定」を、チェックしてみて。

■「2022年日本さかな検定」開催概要
3級・1級オンライン検定開始可能時間:11:00~11:30 ※試験時間70分
2級オンライン検定開始可能時間:13:10~13:40 ※試験時間70分
3級・1級会場検定開催日時:説明10:50~11:00試験、試験11:00~12:10 ※試験時間70分
2級会場検定開催日時:説明13:00~13:10、試験13:10~14:20 ※試験時間70分
受検料:3級5,200円(税込)、2級6,300円(税込)、1級8,200円(税込)
各種割引制度:3級・2級併願1,000円引、学割(検定当日に24歳以下の学生)、家族割5%割引 ※他割引との併用不可

「2022年日本さかな検定」公式サイト:https://www.totoken.com/



この記事の著者

ログイン・無料会員登録