アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

ヤシの木フットネイルで足元も夏にシフトチェンジ!

目次

夏は、サンダルを履いたり海やプールなどへ行ったりと足元がよく見える季節ですね。
フットネイルは、そのままになっていませんか!?
せっかくのフットネイルの季節!夏らしいフットネイルにシフトチェンジして足元から夏を楽しみましょう。
今回は、夏にぴったりなヤシの木フットネイルをご紹介します。


 

使用マニキュア


・AC クイックドライ ベース&ハードナー/セリア
・キキララネイル シロップイエロー 33/ダイソー
・TMリキュールネイル パイン/キャンドゥ
・TMリキュールネイル ディープブルー/キャンドゥ
・ATネイルアートペン 02 ブラック/セリア

 

やり方



親指

1、ベース&ハードナーを2度塗りし、ベースを白くさせておきます。


 

2、シロップイエロー・パイン・ディープブルーの順に3分の1ずつ塗ります。


少し斜めになるように塗ります。
また、ディープブルーは色が濃くついてしまうので、ボトルの淵でよくしごいてから塗ってください!

 

3、トップコートを使って色の境い目を、叩くように馴染ませていきます。


マニキュアが乾いてしまうと、トップコートで馴染ませる時に、色を馴染ませにくくなるので、使うマニキュアとトップコートの蓋を緩めておくと、素早く馴染ませることができ、綺麗なグラデーションになります!

 

4、ブラックのアートペンで左側に縦にラインを入れます。ヤシの木の幹となる部分になります。


爪元から入れていき、爪先になるほど少しずつ細くなるようにラインを入れてください。

 

5、幹部分の先の方から下に向かって短くラインを入れます。ヤシの木の枝部分になります。


 

6、枝部分から上・下に細いラインをたくさん入れます。ヤシの木の葉っぱ部分になります。


マニキュアをつけすぎると、べたっとついてしまい葉っぱらしさが出ないので、少しかすれるくらいがより葉っぱらしくなります。

 

7、左右と上部分にも同様に、枝と葉っぱを描いていきます。


枝を左右に2本ずつと上に入れると、簡単にバランスのとれたヤシの木を描くことができます!

 

8、右側にも、同様にヤシの木を描きます。


左側より短く描いてます。
左右で高さを変えるとかっこよく仕上がります!

 

9、文字シール(キャンドゥ)を爪元に貼ります。


 

その他の指

ベース&ハードナーを2度塗りし、ベースを白くさせておき、その上からシロップイエローとパインを交互に塗ります。


 

最後にすべての指にトップコートを塗り、完成です!


 

今回は、イエロー・オレンジ・パープルの3色のグラデーションネイルにして、サンセットをイメージしました。
ベースカラーをサンセットにしたので、ヤシの木を黒色にすることで日が沈んで暗くなってきてる雰囲気になるので、オススメです!


夏は、フットネイルが映える季節です。ヤシの木フットネイルをして、夏を感じながらおしゃれを楽しんでみてください。

 


関連記事


/

この記事の著者

BIGLOBE Beauty

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録