ごとから『五島バラモンのあごだしうどんスープ』2種と『おやすみのスープ』が発売中

更新日:2022年8月14日 / 公開日:2022年8月14日

長崎・五島列島産の旬な食材を使用した加工食品の製造販売、PB・OEM商品製造及び五島列島の特産品販売を行う「ごと」から、『五島バラモンのあごだしうどんスープ』2種と『おやすみのスープ』が新登場!

『五島バラモンのあごだしうどんスープ』2種


「ごと」は、日本三大うどんにも例えられる「五島うどん」の出汁として知られている、あごを使用したストレートタイプのうどんスープ『五島バラモンのあごだしうどんスープ』2種を発売。

商品名のバラモンとは、五島の方言で「元気者、活発な」という意味。バラモン凧という五島に古くから伝わる大凧がある。絵柄は鬼が真正面から兜をくわえた姿が描かれており、敵に後姿を見せない勇者を表現している。五島では男の子が生まれるとバラモン凧を贈り、端午の節句に舞いあげて、その子の健やかなる成長を願う習慣がある。このバラモン凧が描かれた『五島バラモンのあごだしうどんスープ』を飲むことで、空高く舞いあがるような元気の出る商品になることを願って開発された。


「五島バラモンのあごだしうどんスープ 王道あご」は、「五島うどん」の出汁として知られる、あごを使用したストレートタイプのうどんスープ。


丁寧な下処理を施し、一晩寝かせた焼きあごと、あご煮干しをブレンドすることで、香ばしくありながら苦みを抑えた、まさに最後の一滴まで飲みたくなる王道あご味!ワンランク上のあご出汁を堪能できる。


「五島バラモンのあごだしうどんスープ 濃厚海老」は、あごと焼き海老のスープをベースに、自家製の海老油とニンニク・黒胡椒・ショウガを配合した、ピリッとパンチのあるストレートタイプのうどんスープ。


五島うどんをはじめ、フォーや春雨、ラーメンなどの麺とも相性の良い一品だ。

どちらも内容量は300gで、価格は350円(税込)。着色料・香料は不使用となっている。

ストレートタイプの麺なので手軽に使えるのも嬉しい。自分の好きな麺と合わせて食べてみて!

ブランドトマト「五島ルビー」を使用した『おやすみのスープ』


また「ごと」は、五島列島育ちの野菜スープ第二弾として、列島育ちで果実のような甘さが特徴のトマト「五島ルビー」をベースに、もち麦やひよこ豆を使用した、満足感がありながらも身体にやさしい『おやすみのスープ』を、8月1日(月)より発売している。


今年6月に販売された、五島列島育ちの野菜スープ 第一弾は、列島育ちのさつまいもで、2022年度の『さつまいも・オブ・ザ・イヤー』安納べに部門で日本一を受賞した「五島ごと芋」を使った『おはようのスープ』。濃厚ながらもやさしい甘口の味わいが特徴で、朝の目覚めの一杯にぴったりの一品だ。小腹が空いた夜には『おやすみのスープ』がおすすめだ。


「五島ルビー」は、その名の通り、ルビーや赤サンゴなど、まるで宝石のような鮮紅色をしており、皮が柔らかくて酸味が少なく、果実のような甘さが特徴の中玉トマト。

今回使用しているトマトは、味はまったく問題がないのに、傷がついていたり変形していたり、大きすぎたり小さすぎたりといった理由で市場に出回りにくい規格外品をピューレとして使用。食品ロス削減に配慮し、「おいしくSDGs」ができる商品だ。


今回発売となった『おやすみのスープ』は、「五島ルビー」をピューレ状にしたものをベースに、もち麦やひよこ豆、トリッパやごぼうを使用することで様々な食感を楽しめ、満足感がありながらもカロリーを抑えた一品。五島の塩と椿油を使用することでまろやかな味わいに仕上げた。内容量は160gで、価格は480円(税込)だ。

1日の終わりや、小腹の空いたときにぴったりの『おやすみのスープ』を、試してみて。

「ごと」の新商品で、五島列島を感じてみては。

公式オンラインストア:https://nagasakigoto.net/

(suzuki)



この記事の著者

ログイン・無料会員登録