5OCEANSにスパイスとガーリックの効いた「ガーリックシュリンプバーガー」が登場

更新日:2022年8月19日 / 公開日:2022年8月19日


油で揚げないシーフードバーガー専門店「5OCEANS(ファイブオーシャンズ)」で、オープンからのメニューとして人気のあった「ノンフライシュリンプバーガー」が7月のメニュー刷新に合わせて終売となっていた。

しかし多くのユーザーからメニュー復活の声を受け、スパイスとガーリックの効いた「ガーリックシュリンプバーガー」として8月20日(土)よりメニューに復活する。

シーフードバーガー専門店

東京の下町、台東区谷中。賑わいが有名な「谷中ぎんざ商店街」に程近い場所に3月にオープンしたシーフードバーガー専門店「5OCEANS」。

同店はシーフードに特化し、油で揚げないノンフライシーフードをバーガーとして提供する店だ。

ユーザー声により復活

オープン時のメニューとして人気の高かった「ノンフライシュリンプバーガー」は、7月のメニュー刷新に際し一旦終売となっていた。

メニュー刷新の大きな理由としてサイドメニューの強化があり、仕込み、食材保管の調整により人気メニューの終売は苦渋の決断だったという。しかしユーザーの要望は高く、終売直後より復活要望の声を多く聞くことになり、エビを使ったバーガーが復活となった。

ガーリックシュリンプバーガー(スペシャル)


「ガーリックシュリンプバーガー(スペシャル)」は、大粒のエビ5尾をリッチでソフトなバンズに挟んでいる。

価格は店内¥1045/テイクアウト¥1026。

「ガーリックシュリンプバーガー(プレミアム)」


「ガーリックシュリンプバーガー(プレミアム)」は、大粒のエビ10尾をリッチでソフトなバンズに挟んでいる。

価格は、店内¥1430/テイクアウト¥1404。

「ガーリックシュリンプ ライスバーガー」


「ガーリックシュリンプ ライスバーガー」は、大粒のエビ5尾をライスパテで挟んでいる。

価格は店内¥1045/テイクアウト¥1026。

熱帯魚を見ながら食事も

エビを使ったバーガーを早機にメニュー復活とした背景は、サイドメニュー調理のオペレーションが大きな支障もなく運用できていることと、サイドメニューとして新たに追加された単品のガーリックシュリンプを活用することで、仕込みと食材保管を共有可能となったことが最大の理由だという。

同店のガーリックシュリンプはスパイスをオリジナルで調合して、すりおろしと刻みのニンニクを合わせ漬け込んだものが注文に合わせて調理されている。

合わせるソースはオリジナル3種類から選べる。特に人気のある「Soyタルタルソース」は豆腐をベースとしているため、あっさりしつつもしっかりタルタルソースの味わいを楽しむことができ、ガーリックシュリンプとの相性も抜群だ。


同店はテイクアウト中心だが、店内の大型海水魚水槽で遊泳する熱帯魚を見ながら食事することも可能だ。オリジナルのレモンや梅の果汁シロップを使ったスカッシュと合わせて食事すると、美味しさも倍増するはずだ。

「5OCEANS」でエビを使った新バーガーを試してみては。

■5OCEANS
住所:東京都台東区谷中3-13-13 エルベ日之出1F
「5OCEANS」公式URL:https://5oceans.jp/

(角谷良平)



この記事の著者

ログイン・無料会員登録