アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

本場メキシコの味を再現!「メキシポンTOKYO」が幡ヶ谷に8月よりオープン

/

他のおすすめ記事を読む
ジョブチューンで超一流スイーツ職人から全品合格!ミニストップの名作スイーツ実食レポート

目次


愛知県で人気のメキシコ料理店「メキシポン」が、8月2日(火)、東京・幡ヶ谷に新たな店舗をオープンした。

乾燥したトウモロコシの実から製造


「メキシポンTOKYO」の最大の特徴は、「本場メキシコの味」が限りなく忠実に再現されていること。代表的なのは、タコスに使うトルティーヤだ。

日本の一般的なメキシコ料理店では、トウモロコシの粉からつくられたものが使われるが、同店はメキシコから直輸入したトルティーヤ製造機を使い、乾燥したトウモロコシの実から作られる。同店は、“ここまで「本場メキシコの味」にこだわっている店は、日本ではほとんど存在しません”と語っている。


同店の味はオーナーの丸山・ホセ・義喜さんが、本場メキシコで人気の店「タコス・エルゴルド」に単身乗り込み、何の伝手もないなか、体当たりで弟子入り志願し、そのまま押しかけ入店。本場メキシコでの料理人修行を通して、いわば体に叩き込んだものだという。

同氏は「本場メキシコの味」を再現し続けるため、今でも年に1回のペースでメキシコに行っている。

代表的なメニュー


メキシコのエンセナーダで愛されている「グリーントスターダ」。アボガド、きゅうり、パクチー、トマティージョ(緑ほおづき)など「緑の食材」とエビやタコ、白身魚があわせられたものだ。

日本で「グリーントスターダ」を提供しているメキシコ料理店はまったくないと言えるほど、珍しいメニューとなる。


次にエンセナーダの名物とも言えるのが「フィッシュタコス」。日本からメキシコに渡った漁師たちが魚を天ぷらにして振る舞ったそう。それを見たメキシコ人が魚のフライをタコスにしようと思い立ったことが、その由来と言われている。


「ビーフタコス」は炭火で焼いたビーフをタコスとして味わう。本場メキシコでも炭火でビーフを焼いて用いるのが一般的だが、日本のメキシコ料理店では手間がかかるため、振る舞っているところはほとんどない。だが、炭火で焼いたビーフは余計な油が落ち、その味は格別だ。

東京で「メキシポン」のメキシコ料理を楽しんでみては。

■メキシポンTOKYO
住所:東京都渋谷区幡ヶ谷2-47-1 ダイショービル1F
URL:https://www.mexipon.jp/

(山川温)



この記事のライター

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

グルメ・おでかけの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録