アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

お尻が垂れるダメ習慣6つ!やっちゃってたらヤバイ!

目次

自分ではチェックしにく部分と言えば、お尻などの後ろ姿ですよね。顔や正面からの印象にばかり気を取られていると、いつの間にかお尻垂れた残念な後ろ姿になっているかも…。

毎日の習慣の中に潜む、お尻を垂れさせるダメ習慣について覚えておきましょう!1つでも当てはまった人は、ハリのあるキレイなお尻のためにもぜひ生活習慣を見直してくださいね!

①ショーツのサイズが合っていない

shutterstock_205690261

バックばかりを履いていると、お尻のお肉をサポートできないために垂れると言われています。

しかし、それ以上に大切なのはショーツのサイズ感です。

せっかくお尻をすっぽりと隠すサポートタイプのショーツを履いていても、サイズが合っていないと結局サポート力に欠けたり、逆にお尻をつぶしてしまうことになります。長年履いてノビノビになったショーツはもちろん早めに新調しましょう。

②イスに深く腰掛ける

shutterstock_119541607

デスクワークの時間が長い人は特に注意が必要です。

イスに深く腰掛けると、お尻全体をつぶして垂れさせてしまいます。

お尻をつぶさないためには、背筋を伸ばしてイスの手前3分の1だけに座るように心掛けましょう。

人間離れしたプロポーションの持ち主・叶姉妹もこの座り方を心掛けているそうですよ。

③猫背で歩く

shutterstock_253434853

猫背での歩き姿は、お尻が下がるのでそのままでも垂れ尻に見えるほか、お尻の筋肉をほとんど使っていないので未来の垂れ尻も招いてしまいます。

「いま猫背になっていたな」と気が付いたら、胸を張ってお尻を持ち上げて歩くように心掛ければ、徒歩移動がヒップアップエクササイズになりますよ!

④内股で歩く

女の子らしくて可愛い内股歩きですが、お尻の筋肉を全く使わない歩き方なのでお尻が垂れてしまう原因になります。

歩くときは大股でお尻に力を入れることを意識して歩くと、自然とお尻の筋肉を使うので小尻エクササイズに◎


⑤足組みをする

shutterstock_463160333

足を組むと骨盤が歪み身体のバランスが悪くなり脂肪が落ちにくくなってしまいます。

イスに座るときは、浅く腰掛けてわざと座り心地を悪くすることで座ることに意識が向き、姿勢を良く保ったり足を組まないようにすることができます。


⑥長時間座りっぱなし

デスクワークなどで長時間イスに座ることが多いと、坐骨が広がり下半身が太って見えてしまうことも。

定期的に席を立ったり、座りながらできるストレッチなどをすることで血流も良くなり下半身への負担も少なくなります。



/

この記事の著者

beautyまとめ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録