アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

英会話の決め手は動詞!『日本人が言えそうで言えない英語表現650』発売

/

他のおすすめ記事を読む
ジョブチューンで超一流スイーツ職人から全品合格!ミニストップの名作スイーツ実食レポート

目次


「青春出版社」はキャサリン・A・クラフト氏の著書、『日本人が言えそうで言えない英語表現650』1,078円(税込)を8月2日(火)に発売した。

英語表現650フレーズを紹介


「ピザ食べたいなぁ」というとき、ネイティブは“I want to eat pizza.”とは言わない。では、何と言う?「驚いた!」ときには?「あとでLINEして」は?


ネイティブにとって、英語上手の人とは動詞づかいがうまい人のこと。中学英語で習う基本動詞をベースに、日常のあらゆるシーンで、シンプルに言いたいことを伝えられる英語表現650フレーズを紹介。

SNSで、道案内で、海外旅行で超お役立ちの一冊だ。

著者プロフィール

著者のキャサリン・A・クラフト氏は、アメリカ・ミシガン州で生まれ、オハイオ州で育つ。

ボーリング・グリーン州立大卒。1985年、南山大学の交換留学生として来日。現在、オンラインマガジン『ET PEOPLE!』を発行するかたわら、通訳、翻訳家、英語講師としても活躍。

主な著書に『朝から晩までつぶやく英語表現200』『日本人の9割が間違える英語表現100』(いずれもちくま新書)などがある。

編訳プロフィール

編訳の里中哲彦氏は、河合塾講師、河合文化教育研究所研究員。著書に『そもそも英語ってなに?』(現代書館)、『「英語」ミステイクの底力』(プレイス)、『英文法の魅力』(中公新書)など多数。

日本人の英語発想からはなかなか出てこない、ネイティブに通じる英語表現が気になる人は、『日本人が言えそうで言えない英語表現650』を手に取ってみては。

青春出版社公式サイト:http://www.seishun.co.jp/

(角谷良平)



この記事のライター

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

グルメ・おでかけの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録