「西野亮廣エンタメ研究所」が待望のメルマガ化、「まぐまぐ」から初月無料で配信


芸人・絵本作家の西野亮廣氏が、9月1日(木)より有料メールマガジンを配信する。配信プラットフォームは「まぐまぐ」に決定した。

「西野亮廣エンタメ研究所」の記事が有料メルマガとして配信


西野亮廣氏がオンラインサロン内で配信してきた「西野亮廣エンタメ研究所」の記事が有料メルマガとして配信されることが決まった。

同メルマガでは、芸人としてだけでなく、絵本作家、映画製作、ミュージカルの脚本、歌舞伎の脚本、NFTやAIなど、類まれなる行動力で次々と新しいエンタメにチャレンジし続ける西野氏の考えや感じたことを、リアルタイムでほぼ毎日配信する。

制作現場の最前線で得た知識や、クリエイティブ活動から学んだ課題、確かな戦略をもって進捗する新しいプロジェクトの模様など、スピードに溢れた西野エンタメワールドを届ける。

なお、登録した初月は無料で読むことができる。

西野亮廣氏について

西野亮廣氏は、1980年兵庫県生まれ。芸人・絵本作家。著書は、絵本に『Dr.インクの星空キネマ』『ジップ& キャンディ ロボットたちのクリスマス』『オルゴールワールド』『えんとつ町のプペル』『ほんやのポンチョ』『チックタック~約束の時計台~』『みにくいマルコ』、小説に『グッド・コマーシャル』、ビジネス書に『魔法のコンパス』『革命のファンファーレ』『バカとつき合うな』(堀江貴文氏と共著)『新世界』『ゴミ人間』などがあり、全作ベストセラーとなる。

2020年12月に公開された『映画 えんとつ町のプペル』では脚本・制作総指揮を務め、興行収入27億円、観客動員数196万人を突破し、日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞受賞、アヌシー国際アニメーション映画祭長編映画部門ノミネートなど海外でも高く評価される。

国内最大級のオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」を運営するなど、芸能活動の枠を越え、さまざまなビジネス、表現活動を展開中。

いま登録すると9月いっぱい無料で「西野亮廣エンタメ研究所」を読むことができるので、まずは登録して、その濃密な内容を試してみては。

有料メールマガジン「西野亮廣エンタメ研究所」:https://www.mag2.com/m/0001696269

(角谷良平)



更新日:2022年8月30日 / 公開日:2022年8月30日

この記事の著者

ログイン・無料会員登録