「ZERO」が、食品ロス加工品の缶詰とレトルトカレーの販売開始


「fuubo(フーボ)」を展開する「ZERO」は、業務提携先である常温加工品の試作・小ロット製造サービス「シサクル」を展開する「エイチアンドダブリュー(H&W)」の缶詰商品及びおよびレトルトカレーの商品企画や販売を行う「MOTTAINAI BATON」のレトルトカレーの販売を開始する。

取扱い開始の背景

「ZERO」は、これまで全国に設置されている「fuubo」で、まだ食べることができるのに廃棄されてしまう可能性のある食品を提供してきた。扱ってきた食品の多くは、通常品として生産されたものの、出荷されなかった商品や季節が過ぎてしまった商品だった。


今回販売を開始する「H&W」の缶詰、



「MOTTAINAI BATON」のレトルトカレーは、いずれも賞味期限の短い生産品・生鮮品のロスを加工した商品だ。

食品ロス削減の取り組みから生まれた商品を販売することで、捨てられてしまうものに新たな価値を付けて生まれ変わらせるアップサイクルを意識した、食のサプライチェーン全体に範囲を広げた食品ロス削減に取り組み、SDGsを推進するという。

販売箇所

販売箇所は、東京都のnonowa東小金井・国立・西国分寺、セレオ国分寺・八王子、京都府のイオンモールが運営する河原町OPAから開始し、全国に順次展開予定だ。

fuuboとは

「fuubo」は、まだ美味しく食べることができるにも関わらず、1/3ルールに起因する納品期限切れや季節限定パッケージなどにより、場合によっては廃棄されてしまう可能性のある食品を、定価の3割~9割引で提供している無人販売機だ。

食品ロスを買うことに同意して会員登録を行ったユーザーが、専用WEBサイトから、受け取りに行けるBOXの場所を選び、その中に入っている商品をオンライン決済にて購入することができる。2021年6月にサービスを開始し、2022年7月末時点で駅や商業施設、オフィスなど全国に42台の設置がある。

「fuubo」初となる、アップサイクル商品の展開に注目してみては。

ZERO公式サイト:https://www.nofoodloss.com/

(角谷良平)



更新日:2022年8月30日 / 公開日:2022年8月30日

この記事の著者

ログイン・無料会員登録