アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

自己肯定感が上がる…だけじゃない!「心理カウンセリング」で人生が変わる5つの理由【臨床心理士解説】

/

目次

企業内カウンセラー、スクールカウンセラーなど、身近な存在になってきた「カウンセリング」。興味はあるものの、どんなことが行われるのかわからず尻込みしている方も多いことでしょう。そこで今回は、オンラインカウンセリングサービス「うららか相談室」で多くのカウンセリングを実施されている松田氏に解説いただきました。

カウンセリングって何をするの?

24646048 m

カウンセリングとは、カウンセラーとの言語・非言語による対話を通じて、相談者の悩みやこころの問題の解決を目指すことをいいます。 ————————— 松田カウンセラー「カウンセリングでは、専門知識やトレーニングを受け、資格とスキル(心理療法などのアプローチ)を持ったカウンセラーが相談者の話をよく聞き、共感し、受け止めることで、相談者が気持ちを整理したり、気づきを得たり、理解を深めたり、問題解決に向けた行動を変容したり、本人の成長を促したりすることをサポートします。」 ————————— カウンセラーには守秘義務があり、カウンセリングで知り得た情報を第三者に口外することは原則一切ありません。

カウンセリングはどんなときに受けたらよいの?

カウンセリングは、うつ病などのこころの病気を抱える人だけが受けるものではありません。 ————————— 松田カウンセラー「精神疾患ではなくても、 ・一人で悩みを抱えているとき ・心が疲れていると感じたとき ・自分の気持ちが整理できず感情的になっているとき などにカウンセリングを受ける人は多くいらっしゃいます。 また、 ・心をオープンにすることなどで定期的に心のメンテナンスをしたい (ストレス・コーピングなど) ・自分自身では気づけない特徴などを理解して幸せに生きていく工夫をしたい ・今の自分をより成長させたい と考えている方も、カウンセリングを効果的に活用することができます。 さらにはお子様やご家族に関する心配ごとや困りごとについての助言や効果的な関わり方についてもお話しが可能です。」

カウンセリングはどうやって受けるの?

%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%a9%e3%83%bc

カウンセリングは、カウンセラーのいるカウンセリングルームや心理相談室などと呼ばれる機関や、精神科や心療内科などの医療機関、スクールカウンセラーがいる学校などで受けることができます。 企業内にカウンセラーがいるところは、職場で受けることができる場合もあります。 多くの場合は、各機関やサービスによって決められた方法で申込みを行うことで、カウンセリングを受けることができるようになります。

また、電話やオンラインでカウンセリングを受けることができる多様なサービスもあります。

カウンセリングはどのように進んでいくの?

カウンセリングは1回で終わる場合もありますが、複数回にわたってカウンセリングを進めていくことが少なくありません。カウンセリングがどのように進んでいくのかを、初期・中期・後期に分けて見ていきましょう。

カウンセリングの初期

松田カウンセラー「相談者様の悩みや状況、それに伴う気持ちなどについて話を伺い、どうなればよいかをイメージしていただくなど、カウンセリングの目標について話し合います。 また、心理療法や心理検査についてご説明し、相談者様が選択することの効果なども説明いたします。」 ————————— この時期は、カウンセラーと相談者間の信頼関係を築いていく時期でもあります。

カウンセリングの中期

松田カウンセラー「より深い内容を話し合う、また相談者様が選んだ心理療法の技法を進めていく過程です。ここではご本人が気づいていない“今まで問題解決が進まなかった気持ち”などを言語化できる時でもあります。その気持ちなどを受けとめながら問題解決に向けた取り組みや気づきをカウンセラーと一緒に進めていきます。今まで認めていない気持ちを見つめることの大変さをサポートするのがカウンセラーです。カウンセラーは問題解決に向かって同伴する道案内役でもあります。」 ————————— この時期は、自分と向き合いたくなくなったり、なかなか問題解決に至らないように感じてしまったりすることもありますが、相談者自身が様々な気づきを得て、徐々に変化が表れやすい時期といえます。

カウンセリングの後期

松田カウンセラー「カウンセリングによる変化に伴い、相談者自身の力で問題に立ち向かえるようになり、カウンセラーの支援を離れても、今後の辛いことへの対処やレジリエンス※を自身が勝ち取り、自分らしく生きていけるよう、終結に向けて話し合いを進めます。」 ————————— 信頼関係を築いてきたカウンセラーとの別れに対して、つらさや不安を感じてしまう人も少なくありません。

※レジリエンス:逆境を跳ね除け、適応し、回復できる力

カウンセリングにはどんな効果があるの?

24689108 m

カウンセリングには、次のように様々な効果が期待できます。

① 気分がすっきりする

松田カウンセラー「誰にも話せなかった悩みや抑えてきた感情をカウンセラーに聞いてもらうことで、気分がすっきりすると同時に違う見方や発想も生まれてきます。」 ————————— 心理学用語では、カタルシス効果といわれています。

② 問題を整理できる

松田カウンセラー「自分の状況や感情をカウンセラーに話すことやカウンセラーからの質問などで気持ちや状況などを様々な角度から理解でき、混乱していた自分の考えや気持ちを整理することができます。」

③ 自分自身への理解が深まる

松田カウンセラー「カウンセラーのサポートにより、自分自身と向き合い、これまでの自分を振り返ることにより『感情や捉われ』に邪魔されない見方や客観的に自身に起こっていることを観察できる(メタ認知)ことが可能になります。その結果、今まで気づいていなかった自分の一面や考え方の癖、湧いてくる感情などに気づくことができます。」

④ 考え方や行動が変わる

松田カウンセラー「問題を引き起こしている自分の考え方の癖や行動パターンに気づくことで、感情のコントロールが可能になり、適した考え方や行動がとれるように変わっていくことができます。」 ————————— 対人関係のパターンに気づくことで、様々な人間関係の改善に繋がることもあります。

⑤ 自己肯定感が高まる

松田カウンセラー「カウンセラーとの対話でどのような話も評価をせずに受け止めてもらえたという体験により、ありのままの自分を受け入れられるようになることで、今の自分でいいのだと、自分自身を肯定できるようになります。」

カウンセリングを受ける前に準備しておいた方がよいことは?

24424146 m

カウンセリングを受けるのに、特別な準備などは必要ありません。 ————————— 松田カウンセラー「うまく話そうとするのではなく、今思いつくことをお話ください。気持ちを素直に率直に吐き出すことがカウンセリングでは効果的ですが、はじめは難しく、徐々に自分の言葉で気持ちを伝えられるようになっていきます。 恥ずかしい気持ちやこんなことを言うことは良くないのではないかと思うことであっても、カウンセリングの場は“無条件の肯定”の原則や守秘義務で守られているので、安心して素直な思いやお気持ちをお話してください。 あまり事前準備をしすぎるとかえって素直な感情がカウンセラーに伝わりにくくなることがあります。万が一うまく話ができなくても、カウンセラーがサポートし、一緒に考えていきますので、問題はありません。ご安心ください。」

(構成:マイナビ子育て編集部/解説:松田 正子・うららか相談室)

この記事の執筆者 臨床心理士・公認心理師 松田 正子 先生

臨床心理士・公認心理師。国立大学病院精神・神経科から民間の病院を経て現在、公立学校のスクールカウンセラー、心療内科のカウンセラー、私設カウンセリングルームでのカウンセリングや心理検査、初心者カウンセラーさんへのスーパービジョンなど、幅広く臨床活動を続けている。 現在、うららか相談室にてビデオ・電話によるオンラインカウンセリングを受付中。 ■松田正子カウンセラーへの相談

オンラインカウンセリング「うららか相談室」

今回解説してくれた松田カウンセラーも所属しているオンラインカウンセリング「うららか相談室」では、330名以上のカウンセラーのプロフィール・日時から選んで、3,960円(税込)~カウンセリングを受けることができます。 カウンセリングルームには行きにくい、企業・スクールカウンセラーには相談しにくいという方は、オンラインカウンセリングの利用も検討してみてください。 ・うららか相談室公式HP ・うららか相談室のアプリ▼iOSAndroid

※この記事は、マイナビ子育て編集部の企画編集により制作し、専門家の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます



この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録