防災情報アプリ「全国避難所ガイド」で、国民保護避難施設の自動表示が可能に

更新日:2022年10月27日 / 公開日:2022年10月27日


ファーストメディアは、防災情報アプリ「全国避難所ガイド」のバージョンアップ版を、10月27日(木)に公開した。今回のバージョンアップで、国民保護法に基づいて指定された「国民保護避難施設」が表示できるようになった。

バージョンアップ版で可能になったこと

2011年7月より配信を開始した「全国避難所ガイド」は、GPS機能を利用して、現在地周辺の災害用避難所・避難場所を自動検索し、各種ハザードマップを表示するほか、現在地や登録した地域の防災情報をプッシュ通知で知らせるスマートフォン向け防災情報アプリだ。


今回のバージョンアップでは、昨今の国際情勢により早急な対応が必要なことから、内閣官房 国民保護ポータルサイトで公開されている、弾道ミサイル攻撃による爆風等からの直接の被害を軽減するための一時的な避難先(緊急一時避難施設)およびその他の避難施設(木造・屋外施設など)について、全国9万4133施設が表示可能となった。


国民保護情報が発表された場合には、対象地域にプッシュ通知と共に、トップ画面に国民保護アラートが表示され、現在地周辺の国民保護避難施設を自動検索して地図画面に表示する。平常時には、現在地周辺や任意の地点で国民保護避難施設の検索表示が可能だ。

さらに、災害用避難所・避難場所と併せて、国民保護避難施設のAPI提供も開始した。

全国避難所ガイドのそのほかの機能


このほか、避難所混雑状況の表示や、


土砂災害警戒区域・洪水浸水想定区域・津波浸水想定区域などのハザードマップ表示、


避難コンパスやARカメラを利用した避難行動支援機能なども搭載。

安否登録、安否確認、オフライン機能や、自治体システムと連携した防災行政無線放送の音声再生も利用できる。英語、中国語(簡体・繁体)、韓国語に対応しているのもポイントだ。

「全国避難所ガイド」アプリは、App StoreまたはGoogle Playにてダウンロード可能。機能の詳細は、「全国避難所ガイド」サポートサイトでも確認できる。

緊急時に安全な行動が取れるよう、スマートフォンに「全国避難所ガイド」を入れて備えてみては。

「全国避難所ガイド」サポートサイト:http://www.hinanjyo.jp

(山本えり)



この記事の著者

ログイン・無料会員登録