アイロボットから掃除機&床拭きロボット「ルンバ コンボ j7+」が誕生!

更新日:2022年11月7日 / 公開日:2022年11月7日


アイロボットジャパンから、11月11日(金)、掃除機&床拭きロボット「ルンバ コンボ j7+」が誕生。

全国のアイロボット認定販売店とアイロボット公式オンラインストアで販売が開始される。

メンテナンスが簡単な床拭きもできる2in1ルンバ

「ルンバ コンボ j7+」は、掃除機と水拭き機能を搭載した、アイロボットが初めてアジア市場に提供する2in1モデル。

ルンバに水拭き機能が追加されたことで、1台のロボット掃除機でより効率的な掃除ができる。


今回新たに搭載された世界初のパッドリフティングシステムは、ラグやじゅうたんを吸引する際には水拭き用のモップパッドをルンバの天面まで持ち上げて格納するアイロボット独自の機能。カーペットを一切濡らすことなく、掃除機と水拭きの両方を効率的に行ってくれる。

ロボットが清掃中に“変形”することで、“水拭きもできるルンバ”が実現した。


メンテナンスも簡単で、洗濯が可能なモップパッドは取り付け部が持ち上がるため、ロボット本体を裏返さずに片手で簡単に交換が可能。

ダスト容器と水拭き用のタンクは、手入れがしやすい一体型だ。

障害物を識別して回避する“ユーザー参加型AI”


ロボット前面に搭載されたカメラにより、目の前にあるコードやペットの排泄物などの障害物をリアルタイムに識別して回避、散らかった床でも掃除することができるPrecisionVisonナビゲーションを搭載しているのも特徴の一つ。

これは、清掃中に障害物(※1)が見つかると、清掃終了後にiRobot Homeアプリ(※2)にその画像が表示され、これらの障害物に今後どのように対処すべきかをアイロボットが管理するクラウド上にユーザーが任意でフィードバックする“ユーザー参加型AI”。

アプリに繋がっているコネクテッドロボットは世界で1,300万台。世界中のユーザーからのフィードバックをもとに学習と進化を続けるアイロボットならではの技術だ。

清掃を“思いのままに”コントロール


また、「ルンバ コンボ j7+」の発売に伴い、ソフトウェアとアプリ機能を実装した「iRobot Genius」にさらに便利な機能が追加され、「iRobot OS(アイロボット オーエス)」と名称を変更。

部屋やエリアごとに掃除機がけと水拭きの設定も細かくできるようになり、さらなる進化を遂げている。

デザイン性の高いクリーンベースを搭載


「ルンバ コンボ j7+」は、掃除が完了すると自動で本体のダスト容器のゴミをクリーンベース(自動ゴミ収集機)内のAllergenLock紙パックへ排出してくれる。このクリーンベースには、最大1年分ほどのゴミが収納でき、また、細かい凹凸の入った質感やレザー調のプルタブなどデザイン性も高く、横長の形状で置き場所を選ばないのもうれしい特徴だ。

床拭きもできる2in1のルンバに引き続き注目したい。

■掃除機&床拭きロボット「ルンバ コンボ j7+」製品概要
アイロボット公式オンラインストア価格:159,800円(税込)
製品URL:https://www.irobot-jp.com/roombacombo/

※1 iRobot Homeアプリを使用するには、ルンバがWi-Fiネットワークに接続している必要がある。アプリの最新の対応端末や要件はApp StoreまたはGoogle Playから確認を。
※2 認識・回避できる障害物(2022年11月1日(火)時点):コードやケーブル、ヘッドフォン、ペットの排泄物(犬または猫の固形の糞のみ、毛玉や吐しゃ物・液体は対象外)、靴やスリッパ、靴下、ファブリック、衣服
今回新たに追加:リュックサック、ペットの食器、猫用トイレ、ペットのおもちゃ(ボールやロープなど)、クリスマスツリー
※iRobot、iRobotロゴ、アイロボット、Roomba、ルンバ、ホームベース、Braava、ブラーバ、Braava jet、ブラーバ ジェット、Imprint、Clean Base、クリーンベースは、アイロボットの登録商標または商標です。App Storeは米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。Google Play、GoogleアシスタントはGoogle LLCの商標または登録商標です。Amazon、AlexaはAmazon .com,Incおよびその関連会社の商標または登録商標です。Wi-FiおよびWi-FiロゴはWi-Fi Allianceの商標または登録商標です。

(fukumoto)



この記事の著者

ログイン・無料会員登録