アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【最終回】真犯人は息子の友達だった! 冤罪をかけられた息子と、友達の仲は今…『息子が学校で冤罪に! Vol.22』

/

「先生に怒られて、やっていないことを『やった』と言った」って、どういうこと!? 学校から帰ってきた息子さんの報告に、驚愕してしまったたぷりく(@taprikoo)さん。なぜ、そんなことが起きてしまったのか……。人気インスタグラマーのたぷりくさんが体験した、息子さんが通っている学校で起きた冤罪事件をご紹介します。

これまでのお話をイッキ読み!

これまでのお話はこちら前回のお話はこちら

『息子が学校で冤罪に!最終回』

小学校2年生のときに息子さんが巻き込まれた冤罪事件。数年後、息子さんに告げられた事件の真相は、なんと「やったことにしよう」と言い出したユウキ君がやっていたことだったのです!

23197 1

23197 2

23197 3

23197 4

23197 5

23197 6

23197 7

23197 8

たぷりくさんの息子さんが巻き込まれてしまった冤罪事件。実際に息子さんの友達がやっていたことではありましたが、無実を訴えても大人が信じてくれなかった事実は、子どもたちの心に傷を残したことでしょう。 大人だって間違えることは当然のこと。しかし、世界がまだ狭い幼い子どもたちにとって、親や先生という大人の存在は絶大です。その言葉や行動は、多大な影響を及ぼしてしまいます。 小学校時代は、人間関係や物事の善悪を学ぶ大切な時期。もし、問題が起きてしまったとき、表面的な情報に捕らわれず、きちんと子どもたち自身の言葉にも耳を傾けて、導いていけるといいですね。 たぷりくさんの漫画はInstagramとブログで更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

—————————- ご協力:たぷりくさん Instagram:@taprikoo ブログ:たぷりくブログ たぷりくさんの書籍が絶賛発売中です! 『保育園トラブルモラハラ園長と闘います』 ※試し読みはこちら —————————

(文:マイナビ子育て編集部) <<『息子が学校で冤罪に!』をすべて読む>>

これまでのお話をイッキ読み!


関連記事



この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録